第20回日本サイトメトリー学会学術集会が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


第20回日本サイトメトリー学会学術集会

会期:平成22年6月26日(土)、27日(日)

会場:東京慈恵会医科大学 大学1号館

 〒105-8461 東京都港区西新橋3-25-8 TEL:03-3433-1111

会長:坂本 優

  (財)佐々木研究所附属杏雲堂病院 婦人科・

東京慈恵会医科大学 産婦人科

参加費:会員10000円/非会員12000円/学生3000円/

懇親会3000円



学術集会HP:http://www.macc.jp/20JCS/



この度、日本サイトメトリー学会(事務局:(財)佐々木研究所附属杏雲堂病院)の第20
回総会ならびに学術集会の会長に推挙され、学術講演会を来たる平成22年6月26~2
7日に東京慈恵会医科大学大学一号館において開催させていただくことになりました。

日本サイトメトリー学会は、産婦人科、外科、内科、泌尿器科などの臨床医と、免疫学、
再生医学、病理学、細胞診断学などの基礎研究医のほか、多くの基礎研究者により構成さ
れ、現在会員数は700名近くになります。本学会は、我が国の医学会の中でも比較的新
しい学会ではありますが、サイトメトリーが基礎医学や生物学のみならず、臨床医学に大
きく寄与することから、その果たすべき社会的貢献はますます大きくなっております。

来るべき学術集会の主題は「蛍光を用いたサイトメトリー技術の進歩と医学・医療への応
用」といたしました。最新のサイトメトリー技術を用いた基礎研究と、腫瘍学や免疫学へ
の臨床応用のほか、iPS細胞などの再生医療に関する講演も多数予定しております。

 今回は第20回記念大会となりますので、プログラムの構成として多数のセッションを企
画いたしました。特別講演としましては、iPS細胞研究について東京大学医科学研究所の中
内啓光教授に、癌ゲノム解析については山口大学の佐々木功典教授に、癌幹細胞について
は大阪大学の森正樹教授にお願いいたしました。招請講演としましては、CGHの開発者であ
るUCSF Cancer CenterのDaniel Pinkel教授、分子イメージングの権威であるNIHの小林久
隆先生、ならびに質量顕微鏡の開発者である浜松医科大学の瀬藤光利教授にお願いしてお
ります。Meet the Expertとしましては、マルチカラー・ソーティングの専門家であるスタ
ンフォード大学の清田 純 先生と、ハイスピード・ソーティングの専門家であるGer van
den Engh
先生にお願いしております。また今回、準備期間が充分でなかったにもかかわらず、プロ
グラム委員の先生方の多大かつ迅速なご協力により、サイトメトリーに関する最先端のシ
ンポジウム6題、ワークショップ 5題、ならびに、慣例になっているフローサイトメトリー
症例カンファレンスが企画されております。また、ランチョンセミナー(3題)にも力を入
れており、魅力的な講師陣が控えております。

少ない人数での学会運営で、かつ、大学施設内での開催であり、会員の皆様には大変ご迷
惑をおかけすることと存じますが、精一杯のおもてなしを心がけますので、皆様ぜひ学術
集会へご参画ご発表ください。どうぞよろしくお願い申し上げます。



平成22年6月吉日

第20回 日本サイトメトリー学会学術集会
会 長  坂本 優 


メインプログラム:
特別講演1
 iPS 細胞研究の進展と新しい医療への期待
 中内啓光 先生(東京大学医科学研究所)

特別講演2
 癌とゲノム解析
 佐々木功典 先生(山口大学分子病理学)

特別講演3
 固形癌における癌幹細胞研究
 森 正樹 先生(大阪大学消化器外科)

招請講演1
 Exploring Melanoma Development with Genomic and     Phenotypic Analysis
Daniel Pinkel先生(University of California San Francisco)

招請講演2
 最先端の生体分子イメージング
 小林久隆 先生(米国国立癌研究所)

招請講演3
 質量顕微鏡法による細胞解析
 瀬藤光利 先生(浜松医科大学分子解剖学)

Meet the Expert1
 デジタル時代のコンペンセーション理論に基づいたマルチカラ ー・ソーティング
 清田 純 先生(スタンフォード大学)

Meet the Expert2
 Cell sorting for Marine Microbiology:
 how special instrument modification will benefit medical  (genome) research
 Ger van den Engh 先生(Advanced Cytometry)


シンポジウム1
 ヒト造血幹細胞研究:最近の進歩

シンポジウム2
 体性幹細胞とiPS 細胞

シンポジウム3
 癌ゲノムとアレイ解析の臨床応用:予知診断を目指して

シンポジウム4
 CTC 技術の最前線・がん転移計測技術と医療応用

シンポジウム5
 フローサイトメトリーによる表面抗原検査の新たな動向

シンポジウム6
 癌免疫研究最近の話題

ワークショップ1
 蛋白質および糖鎖解析によるバイオマーカー探索

ワークショップ2
 フローサイトメトリーによる細胞機能解析と表面抗原変化との関連

ワークショップ3
 新しいサイトメトリー技術へのチャレンジ

ワークショップ4
 生体内イメージングの現状と応用

ワークショップ5
 悪性腫瘍におけるDNA ploidy 解析の有用性

フローサイトメトリー症例カンファレンス

以上