JAACT2010および化学工学会シンポジウムが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


バイオ医薬品生産プロセスに関するシンポジウムを3つオーガナイズします

関心のあるかたは下記をご覧ください。

JAACT2010シンポジウム開催 (札幌、9/1-5)
(詳しくはhttp://jaact2010.jaact.org/)

S3: Advanced Technologies in Cell Engineering.
Speakers
Prof. Gyun Min Lee (KAIST Korea)
Dr. Yoshihiro Kaneko (Chugai Pharmaceutical Japan)
 Antibody-producing CHO cell stability and the quality of antibodies produced
during the death phase of cell culture
Dr. Hideki Tohda (Asahi Glass Japan)
Dr. Myung-Sam Cho (Celltrion Korea)
Prof. Takeshi Omasa (The University of Tokushima Japan)
 Chinese hamster ovary cell genome:Impact on cell engineering


S6: Advanced Technologies in Cell Culture Process Development.
Speakers & topics.
Dr. Scott Willwright (Strategic Manufacturing Worldwide Inc. USA)
 Opportunities for cost reduction through process innovation
Dr. Du Heng (Sanofi Pasteur China)
 Vaccine Manufacturing in China
Dr. Brian Lee (PBS Biotech USA)
 CFD analysis in single-use reactor
Dr. Hidenari Yamada (Chugai Pharmaceutical Japan)
Lessons Learned in Transferring a Non-Platform mAb Process to a Facility Designed
for a Platform Process
Dr. Yoshinobu Konno (Kyowa Hakko Kirin Japan)
TBA
Rolf Douwenga VP Research & Development DSM Biologics.(The Netherlands)
TBA

化学工学会秋季大会シンポジウム(京都、9/7-8)
 (詳しくはhttp://www3.scej.org/meeting/42f/へ)
S-21. [BE] バイオ医薬品生産のプロセスイノベーション

汎用性と安全性に優れた新規血清代替物を利用した哺乳動物由来因子不含の細胞培養技術
(鈴鹿高専) ○(正)小川 亜希子・(福井大院工) (正)寺田 聡

バイオロジクス培養生産の最近の動向
(日立プラントテクノロジー) ○村上 聖・(日立製作所) 渋谷 啓介

[招待講演] バイオ医薬製造用次世代高発現ベクター「Mammalian PowerExpress System」
の開発
(東洋紡) ○西井 重明・増田 兼治・山崎 友実・川上 文清・(徳島大/阪大院工) (正)大政
健史

[招待講演] 抗体医薬品のためのテーラーメイド精製技術開発
(産総研) ○広田 潔憲・本田 真也・巌倉 正寛

[展望講演] Cell Culture Technologies: What can we learn from the past about what
the future may bring
(U. Delaware) ○Papoutsakis E. Terry

[招待講演] トランスジェニックカイコによる有用タンパク質の生産
(ネオシルク) ○冨田 正浩

[招待講演] 不均衡変異導入法による組換えタンパク質高生産宿主の開発
(ネオモルガン研) ○堀内 貴之

[招待講演] ポテリジェント技術が抗体製造プロセスに与えるインパクトについて
(協和発酵キリン) ○内田 和久

培養昆虫細胞を用いた有用物質生産
(神戸大院工) ○(正)山地 秀樹

遺伝子組換え動物細胞作製のための逐次遺伝子組込システムの開発
(九大院工) ○(正)上平 正道・(正)河邉 佳典・(正)井藤 彰

[招待講演] 組換えアルブミンの高品質かつ高効率な大量生産技術
(化血研) ○宮津 嘉信

[招待講演] バイオ医薬品生産におけるディスポーザブルテクノロジーの応用
(日本ケミカルリサーチ) ○桐原 清・川崎 敦子・向井 恵佐
トランスジェニックニワトリの卵白に生産したタンパク質の糖鎖改変
(名大院工) ○(正)西島 謙一・水谷 昭文・元野 誠・(正)三宅 克英・(正) 飯島 信司

プロセスイノベーションを目指した「工業動物細胞」の開発
(徳島大院ソシオテクノサイエンス研究部) ○(正)大政 健史