雪国まいたけとの共同研究の成果を発表とメルクの経験セミナーが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


日本菌学会第54回大会の魅力的なシンポジウムのお知らせとJBAセミナーの
お知らせ

例年6月に開催いたします微生物資源ワークショップは、当研究センターが中心になってお
世話をする日本菌学会第54回大会のためにお休みさせていただきます。

◆◆A◆◆日本菌学会第54回大会
5月29日~30日 玉川大学にて開催
以下のようなシンポジウムを企画しておりますので、ぜひとも皆様お越しください

5月29日(土)14:30~18:00
特別シンポジウム(無料) A会場  (財)バイオインダストリー協会(JBA)共催
大学研究者とアマチュアのための生物多様性条約 ◇2010年名古屋COP10をにらんで
コンビナー 安藤勝彦 NITEバイオテクノロジー本部
1)生物多様性条約~特にABSに関して 炭田精造 (財)バイオインダストリー協会
2)大学における海外の遺伝資源の管理と活用  深見克哉 九州大学知的財産本部
3)生物多様性条約の下での海外微生物探索  安藤勝彦 NITEバイオテクノロジー本部

日本菌学会・日本きのこ学会合同シンポジウム(無料) A会場
市民講座 きのこ(菌類)の美しくも不思議な世界
4)光るきのこ 村上康明 大分県農林水産研究センター
5)きのこの下には死体が眠る~アンモニア菌の世界  吹春俊光 千葉県立博物館
6)きのこの意外な力~地面から,きのこの目線で森を見る 伊沢正名 糞土研究会
7)身の回りのカビの世界~カビと上手につき合うには!?   川上裕司 (株)エフ
シージー総合研究所

5月30日(日)9:00~11:30 
大会シンポジウムI (有料) A会場 OMICSから表現形へ◇利用をめざして コンビナー
 藤森文啓 東京家政大学
8)次世代シーケンサーによるシイタケのゲノム解析とそこから見えること 宮崎安将ら
 (独)森林総合研究所ほか
9)マイタケのトランスクリプトミクス解析とその応用 西堀耕三 (株)雪国まいたけ
、倉橋敦 (株)雪国まいたけ、藤森文啓 東京家政大学
10)菌類のゲノム解析は百万円でできるか? Tom Hsiang ゲルフ大学
11)菌類二次代謝産物HPLCプロファイリングとメタボロミクスの新規活性物質発見への
インパクト Marc Stadlerら  インターメド・ディスカヴァリーほか
13)?処理培養プラットフォームを用いた糸状菌の抗菌作用の分布と多様性マップ Gerald
Bills
 メディナ基金

◆◆B◆◆
JBAセミナー 5月31日(月)16:00-17:00 (財)バイオインダストリー協会(八丁堀) 
会議室
無料、申し込みは下記ウェブサイトから
○特別講演「天然物創薬のこれから、Medina基金の試み・・・海外遺伝資源探索などメル
クの経験を踏まえて」
http://r31.smp.ne.jp/u/No/51539/kIyOGibGG330_331/100520014.html
Gerald Bills博士は長い間Merckにて天然物創薬に深く関与してきた菌学者です。その過
程で、コスタリカ、南米、アフリカなどの共同研究を通じ、数々の新規物質を発見してき
ました。Merckのカスポフンジンの生産菌の菌学研究、ザラゴジン酸の生産と菌学研究にも
携わりました。
  2008年10月のマドリードの研究所の閉鎖に伴い、メルクから菌株、化合物、実験機器、
ノウハウを引き継ぎ、NPOの天然物創薬研究所を立ち上げて、世界中の天然物に興味ある組
織、企業、ベンチャー、大学、国研と共同研究を行っています。今回、5月30日(日)に玉
川大学にて開催される日本菌学会第54回大会のシンポジウムで招待講演を行いますが、こ
の機会を利用してJBAにても講演をしていただくことになりました。
  ご興味のある方はぜひご参集ください。

奥田 徹
玉川大学学術研究所
菌学応用研究センター
〒194-8610 町田市玉川学園6-1-1
TEL & FAX 042-739-8669
torula@lab.tamagawa.ac.jp
http://www.tamagawa.ac.jp/sisetu/gakujutu/alsrc/sigen_index.htm