***** seminarMLから情報転載 *****

国際シンポジウム「微細藻類のバイオテクノロジー~食糧・環境・エネルギー~」のご案内

 東京大学応用微生物研究所、海洋バイオテクノロジー研究所等において微細藻類研究およびマリンバイオテクノロジー研究の牽引者として永年貢献された宮地 重遠 博士、微細藻類の培養システムを確立されたホルスト・ゼンガー博士(ドイツ)、微細藻類のバイオテクノロジーに顕著な業績のあるC. グダン博士(フランス)らをお招きして、下記のシンポジウムを開催することとなりました。さらに、光合成の炭素固定の基本回路であるカルビン・ベンソン回路の発見者として著名なA. A. Benson博士の御講演をビデオ上映する予定です。 本シンポジウムのテーマは、微細藻類やマリンバイオテクノロジーのみに限定されるものではなく、現在世界が直面している、食糧・環境・エネルギー等の課題について興味を持ち、取り組んでいらっしゃる藻類分野外の方々に参考になるような内容です。また、国内の大学、研究所及び企業から現在活発に研究されている研究者に講演いただきます。また、ポスター発表を募集しております。是非ご参加いただきたく、ご案内申し上げます。

国際シンポジウム「微細藻類のバイオテクノロジー~食糧・環境・エネルギー~」
2010年5月31日(月) 10:00-17:50 (19:00から懇親会)
場所: 東京大学農学部内 弥生講堂(一条ホール(シンポジウム)/アネックス(懇親会))
東京メトロ 東大前駅(南北線) 徒歩1分; 東京メトロ 根津駅(千代田線) 徒歩8分
〒113-8657 東京都文京区弥生1-1-1 TEL: 03-5841-8205
参加費: 一般 10&s_comma;000円(懇親会参加費を含む); 学生 無料(懇親会参加の場合5000円)

参加申し込み先:
(1)e-mailの場合:白岩善博 emilhux@biol.tsukuba.ac.jp
(2)FAX: 東京薬科大学生命科学部 都筑幹夫 042-676-6721
(3)郵送:〒305-8572 つくば市天王台1-1-1 筑波大学大学院生命環境科学研究科 白岩 善博

プログラム:
国際シンポジウム「微細藻類のバイオテクノロジー~食糧・環境・エネルギー」
Microalgal Biotechnology-"Food・Environment・Energy"

Morning Session午前の部(Presentation in English 英語による講演)
10:00 Opening Address 開会の辞

10:15 Plenary Lecture 基調講演:
Dr. Shigetoh Miyachi (Professor Emeritus at the University of Tokyo&s_comma;
Former Director General of the Research Institute of Marine Biotechnology&s_comma;
Former President of the Japanese Society for Marine Biotechnology)
宮地 重遠(東京大学名誉教授・元海洋バイオテクノロジー研究所 長、元マリンバイオテクノロジー学会長)
Prospects on microalgal and marine biotechnology
(微細藻類テクノロジーとマリンバイオテクノロジーの展望)

10:50 Plenary Lecture 基調講演:
Dr. Horst Senger (Former Professor at the Phillip’s University of
Marburg&s_comma; Germany)
H. ゼンガ―(元マールブルク大学教授、ドイツ)
Some historical aspects on the role of microalgae in biotechnology.
(微細藻類研究の歴史的背景とバイオテクノロジーにおけるその役割)

11:25 Plenary Lecture 基調講演
Dr. Claude Gudin (Professor at Centre d’Etudes Nucleires de
Cadarache&s_comma; Departement de Physiologie Vegetale et Ecosystemes&s_comma; Groupe de
Biotechnologie des Microalgues&s_comma; France)
C. グダン(カダラッシュ研究所、フランス)
Totipotency of microalgae biotechnologies
  (微細藻類バイオテクノロジ―の多様なポテンシャル)

12:00 Video Messageビデオメッセーッジ
Dr. Andrew A. Benson (Professor&s_comma; Scripps Institution of Oceanography&s_comma;
University of California&s_comma; San Diego)
A. A. ベンソン(カリフォルニア大学スクリプス海洋研究所)
Importance of microalgal research-Message to Japanese scientists
(微細藻類研究の重要性―日本の科学者へのメッセージ)

12:30 Lunch 昼食

午後の部Afternoon Session (日本語による講演Talks in Japanese)

13:15 ポスターセッション & パネル展示(Poster Session & Panel
Presentation)

14:00 佐藤 朗(ヤマハ発動機) Dr. Akira Satoh (Yamaha Motor Co.&s_comma; Ltd)
微細藻類の商業的屋内培養システムの開発と健康食品産業における応用
(Development and application of commercial scale indoor cultivation
system for microalgae in functional foods industry)

14:30 竹中 裕行(マイクロアルジェコーポレーション)
Dr. Hiroyuki Takenaka (MicroAlgae Corporation )
食糧としての微細藻類-生理機能を中心に-
(Microalgae as provisions - keep our health -)

15:00 蔵野 憲秀((株)デンソー) Dr. Norihide Kurano (DENSO CORPORATION)
微細藻類によるバイオ燃料生産―デンソーのアプローチ―
(Biofuel from microalgae -DENSO’s approach-)

15:30 コーヒー

15:45 福澤 秀哉(京都大学) Dr. Hideya Fukuzawa (Kyoto University)
微細藻類のCO2濃縮機構 (CO2-concentrating mechanism in microalgae )

16:15 宮下英明(京都大学) Dr. Hideaki Miyashita (Kyoto University)
クロロフィルd生物アカリオクロリスの分布と地球規模の炭素循環への寄与)
(Distribution of Acaryochloris species and possible contribution of
chlorophyll d to the global carbon cycle)

16:45 桜井英博(神奈川大学) Dr. Hidehiro Sakurai (Kanagawa University)
シアノバクテリアによる水素生産
(Hydrogen production by cyanobacteria)

17:15 松永 是(東京農工大学) 
Dr. Tadashi Matsunaga (Tokyo University of Agriculture & Technology)
海洋微細藻類によるバイオ燃料生産の可能性
(Possible potential of biofuel production by microalgae)

17:45 閉会の辞Closing Remarks

9:30-18:50 ポスターおよびパネル展示(コアタイム;13:15-14:00 &
17:50-18:50)
19:00-21:00 懇親会Party




seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。