平成22年度日本衛生動物学会東日本支部・例会が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


平成22年度日本衛生動物学会東日本支部・例会

期 日:6月5日(土) 13:00~15:00
会 場:国立感染症研究所・会議室(新宿区戸山1-23-1)
主 題:「忍びよる野外の危険生物」
1)海洋危険生物の被害  神谷大二郎(沖縄県衛生環境研究所)
2)世界最大規模の魚類食中毒 大城直雅(沖縄県衛生環境研究所)
3)毒蛇咬症の現状  堺 淳(日本蛇族学術研究所)
4)毒蛾、毛虫の被害  桐木雅史(獨協医科大学)

会費:無料
時間:質疑応答を含め各演題30分、約2時間を予定学会員以外の方も参加可能です。当日
参加も可能ですが、会場設定の都合上、なるべく下記の連絡先まで事前連絡をお願いいた
します。なおこの情報は日本衛生動物学会HPでも紹介しております(
http://www.jsmez.gr.jp/
)。

連絡先:獨協医科大学熱帯病寄生虫病室 
(TEL:0282-87-2134)

担当幹事:川合 覚(skawai@dokkyomed.ac.jp)

ポスターは下記のサイトをご覧ください。
http://jsp.tm.nagasakiu.ac.jp/modules/tinyd2/content/kawai2010.gif