日本生薬学会北海道支部が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


第34回日本生薬学会北海道支部例会が開催されます。


〈日時〉 2009年5月8日(土) 9:30~12:00
〈会場〉 札幌コンベンションセンター 1F中ホールA(札幌市白石区東札幌6条1丁目)
     会場アクセス:http://www.sora-scc.jp/access/index.html
〈主催〉 日本生薬学会北海道支部
〈参加費〉 1000円(同時開催の北海道薬学大会の参加費として)
      事前申込の必要はありません。


[一般講演]

(1) ユリ科植物シュロソウより単離した新規ステロイドアルカロイドVeramadine A – C
の構造
(北大院・薬)須藤翔平、田中直伸、小林淳一

(2) Shikoninおよび食品由来脂溶性成分による複合的大腸がん細胞増殖抑制作用
(北医療大・薬)寺崎 将、高上馬希重、関崎春雄、増田園子
(食総研)長尾明彦
(金沢医大)田中卓二
(北大院・水)細川雅史、宮下和夫

(3) 違法薬物「大麻」のDNA鑑別手法開発に関する研究
(北医療大・薬)高上馬希重、関崎春雄

(4) シャクヤク新品種「べにしずか」について
(基盤研・薬植セ)林 茂樹、菱田敦之、熊谷健夫、澤井清道、中西大樹、柴田敏郎
(道立衛研)佐藤正幸、青?光敏、林 隆章、姉帯正樹

(5) ハマナス花弁のフラボノイドについて
(北見工業大)Sarangowa、朴 炳宰、松田友彦、山岸 喬
(はるにれバイオ研究所)金沢 勉
(東京農業大)西澤 信

(6) 新疆省のマイカイのフラボノイドについて
(北見工業大)結城雄大、松田友彦、Sarangowa、山岸 喬
(はるにれバイオ研究所)金沢 勉
(新疆医科大)マリヤ サキム
(東京農業大)西澤 信


[特別講演]

「薬物乱用問題と化学情報  ― 覚せい剤、大麻、エクスタシー錠剤等 ―」
(東京大学 薬学部 薬品代謝化学教室 研究員)牧野 由紀子


〈お問い合わせ〉
第34回日本生薬学会北海道支部例会事務局
北海道医療大学薬学部 高上馬(コウジョウマ)
〒061-0293 北海道石狩郡当別町金沢1757 
Tel 0133-23-1211(代表)内線3124
kojoma@hoku-iryo-u.ac.jp