文科省幹細胞・再生医学戦略作業部会、iPS細胞標準作製計画などを基に今後の方向性を議論

2010年3月31日 10:151pt

ここから先をお読みいただくには、会員登録が必要です。

日経バイオテクについて
購読・メルマガお申し込み
日経バイオ年鑑2016

ランキング

1位
そーせい子会社が新たなパイプラインを公開
2位
CDI社、米研究所と他家iPS細胞由来RPEの共同研究開始
3位
日経バイオテク9月14日号「パイプライン研究」、骨代謝異常治療薬
4位
武田薬品、13万例の癌患者のゲノム情報の活用が可能に
5位
【連載】「今日から変える!知財との付き合い方」(第5回)、アカデミアがなぜ特許を出願する必要があるか
6位
“オーソライズド・バイオシミラー”の影響度【日経バイオテクONLINE Vol.2469】
7位
そーせい子会社が国内の再生医療ベンチャー向けファンドを設立
8位
岡山大学王教授、「先駆け指定の心臓内幹細胞のフェーズIIIは26例に投与予定」
9位
アンジェスMG、海外のコラテジェンのフェーズIIIを見直し
10位
日健栄協の技術部会、新規健康強調表示を抗加齢医学会で提案
1位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、2015年、世界の生物学的製剤の売り上げランキング
2位
Wmの憂鬱、歴史的夜が来る、第3世代ゲノム編集の臨床応用【日経バイオテクONLINE Vol.2466】
3位
阪大の玉井教授、「体内の間葉系細胞誘導する薬剤の医師主導治験を実施中」
4位
PMDA、再生医療製品等審査部部長に猿田克年氏
5位
日経バイオテク6月13日号「リポート」、国内大手製薬企業の2015年度の業績
6位
そーせい子会社が新たなパイプラインを公開
7位
【連載】「今日から変える!知財との付き合い方」(第5回)、アカデミアがなぜ特許を出願する必要があるか
8位
武田薬品、13万例の癌患者のゲノム情報の活用が可能に
9位
アンジェスMG、海外のコラテジェンのフェーズIIIを見直し
10位
Wmの憂鬱、世界初のCRISPR-Cas9遺伝子治療をRACが承認【日経バイオテクONLINE Vol.2468】
1位
日経バイオテク6月13日号「リポート」、国内大手製薬企業の2015年度の業績
2位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、2015年、世界の生物学的製剤の売り上げランキング
3位
【訂正】日経バイオテク6月13日号「特集」、創薬ベンチャーの導出契約
4位
「インサイダーはあり得ない」と米Acucela社窪田氏
5位
Wmの憂鬱、第2世代の核酸医薬の死命を握る副作用が先週発覚【日経バイオテクONLINE Vol.2451】
6位
「いつかはあると思っていた」と退任するJ-TECの小澤社長
7位
日経バイオテク5月30日号「業界こぼれ話」、人員削減の“手法”で批判された田辺三菱
8位
日経バイオテク5月30日号「特集」、遺伝子検査実用化の課題
9位
Wmの憂鬱、StemCells社の挫折、再生医療を夢見る時代の終焉【日経バイオテクONLINE Vol.2461】
10位
ペプチドリーム、16社中5社と低分子を出口に共同研究開発を実施中

分野別ランキング

1位
【連載】「今日から変える!知財との付き合い方」(第5回)、アカデミアがなぜ特許を出願する必要があるか
2位
福島県立医大、積水メディカルと提携し、イメージング技術使った非臨床・臨床試験の受託サービス開始
3位
NCNPなど、認知症のリスク因子の研究のため健常者登録システムを構築
4位
【連載】寛和久満夫の深読み科学技術政策(第123回)、ミクロの放射線治療薬
5位
竹中工務店、バイオクリーン・バイオセーフティ実験施設を本格稼働
6位
Pfizer社、ACMG財団に次世代の臨床遺伝学者育成のための資金を提供
7位
第20回腸内細菌学会に最多の600人、大会長はわかもと製薬
8位
東京医科大、ボナック、副作用を低減した短縮型核酸医薬を開発
9位
金沢大華山教授、「エクソソーム研究の進展には基盤整備が重要」
10位
島根大学の松崎教授、「超高純度ヒト間葉系幹細胞で先天性骨代謝疾患の治療を目指す」
1位
PMDA、再生医療製品等審査部部長に猿田克年氏
2位
リプロセルのCVCが1社目に投資
3位
厚労行政を斬る、画期的新医療技術開発と医療費高騰のジレンマ
4位
そーせい子会社が国内の再生医療ベンチャー向けファンドを設立
5位
化血研新理事長に早川堯夫・近畿大学薬学総合研究所所長
6位
厚労省、参事官ポストを医療機器審査管理課長に変更
7位
ペプチドリーム、16社中5社と低分子を出口に共同研究開発を実施中
8位
日経デジタルヘルスより、MSD、ヘルスケアベンチャーの支援を開始
9位
品目を絞って開発成功率の向上を狙う武田薬品工業
10位
リプロセルは細胞販売から再生医療製品の開発に事業展開を急ぐ
1位
1日2個のキウイで便通改善、NZのZESPRI社が3カ国共同のヒト試験を推進
2位
日健栄協の技術部会、新規健康強調表示を抗加齢医学会で提案
3位
Max Planck Institute、アルテミシン酸をタバコで大量発現に成功
4位
抗加齢医学会の機能性シンポ、消費者庁次長と森下仁丹社長、ファンケル社長、味の素常務、神奈川県知事が登壇
5位
不二製油、安定化DHA・EPA素材を世界で初めて来年事業化
6位
マグロ赤身やカツオ、サケは夏疲れ対策のイミダゾールジペプチド補給源
7位
「そこそこのデータならNature誌に発表するのも良いが」
8位
花王、インクレチンGIP「上昇抑制剤」の特許登録第3弾は玄米成分、続いて大豆も公開に
9位
広島大の加藤範久教授ら、麹菌の酸性プロテアーゼで腸内ビフィズス菌が増加
10位
資生堂が粉体表面修飾でDアミノ酸分析、Dグルタミン酸は皮膚のバリア機能に寄与
1位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、2015年、世界の生物学的製剤の売り上げランキング
2位
阪大の玉井教授、「体内の間葉系細胞誘導する薬剤の医師主導治験を実施中」
3位
そーせい子会社が新たなパイプラインを公開
4位
武田薬品、13万例の癌患者のゲノム情報の活用が可能に
5位
アンジェスMG、海外のコラテジェンのフェーズIIIを見直し
6位
米国で医薬品の価格を統制する動きが相次ぐ
7位
米Fate Therapeutics社の細胞免役治療、造血細胞移植の急性GVHD予防でファストトラック指定
8位
Pennsylvania 大など、固形癌を対象にしたCART療法の可能性示す
9位
アステラス、東大医科研清野教授と経口コメ型ワクチンの共同研究
10位
製薬医学の教育プログラムがスタート
バイオ事業のご案内
広告お問い合わせ