文科省幹細胞・再生医学戦略作業部会、iPS細胞標準作製計画などを基に今後の方向性を議論

2010年3月31日 10:15 1pt

 文部科学省科学技術・学術審議会研究計画・評価分科会ライフサイエンス委員会幹細胞・再生医学戦略作業部会は、2010年3月30日に会議を開いた。慶応義塾大学医学部の岡野栄之教授と、京都大学医学部の山中伸弥教授がそれぞれの研究について発表した。同作業部会は、文科省における幹細胞研究の戦略を話し合うために設けられたもので、今回で7回目。

ここから先をお読みいただくには、会員登録が必要です。