本日は千葉大学で、第一回アントレプレナーシップ国際会議の取材を行っています。大学院の博士課程でどうやって技術革新や社会的なイノベーションを担う人材を養成するのか?世界中の大学から頭脳が集まり議論します。

 今まで日本では、大学院の博士課程は、アカデミズムの後継者を養成するためと認識されていました。つまり学問を継承する学者を養成することが暗黙の目的であると、大学も学生も、そして文科省も認識してきたと言って間違いないでしょう。現在でも、殆どの大学の教官はこう思っていると思います。続きはここをクリック。(宮田満)