第36回 化学と生物シンポジウムが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


第36回 化学と生物シンポジウム開催のお知らせ
“エコ”と現代農芸化学 -新しいエコへの潮流を生む古くて新しい農芸化学の知恵と技術-

 21世紀に入ってエコという言葉をよく耳にするようになりました。環境に配慮し、地球に優しい
という意味を込めたエコロジーの省略形ですが、多分にエコノミーの意味を兼ねた場合もあるようで
す。多岐にわたる農芸化学の分野の中には、さまざまな視点でこのエコと密接に関連している分野も
少なくありません。その中から、環境問題に貢献出来る新技術、および環境問題を考える上で今問う
べき重要な視点を取り上げてみました。古く伝統ある農芸化学の分野からいかに新しい技術が生まれ
てきているかを再認識し、見過ごしがちな視点を思い起こさせてくれる、目から鱗のようなシンポジ
ウムになることを期待して企画しました。

主催: 社団法人 日本農芸化学会
日時: 2010年3月26日(金)13:00 - 17:30
場所: 東京大学 弥生講堂(〒113-8657 東京都文京区弥生1-1-1 東京大学農学部内
Tel. 03-5841-8205)
参加費: 無料
プログラム:
13:00 - 13:10「開会の挨拶」 清水 昌 (日本農芸化学会会長)
13:10 - 13:45「未来の石油代替資源としての藻類バイオマス」渡邉 信 (筑波大学)
13:45 - 14:20「軽油を生産する単細胞緑藻 “Pseudochoricystis ellipsoidea”-分子生物学的手法を用いた軽油生産性向上への取り組み-」今村 壮輔(中央大学)
14:20 - 14:45「藻類を利用した物質生産システムの開発」藤田 朋宏(ネオ・モルガン研究所)
14:45 - 15:05 休憩
15:05 - 15:40「“第二次緑の革命”を牽引する新しい農薬」田中 啓司(三井化学アグロ)
15:40 - 16:15「環境に配慮した農薬の開発と利用」與語 靖洋(農業環境技術研究所)
16:15 - 16:50「バイオマス系資材の優位性とは -原料栽培-最終処分までのLCA及び
LCC(
生涯コスト)の観点から-」大島一史 (バイオインダストリー協会)
16:50 - 17:25「エコロジカルな“生物多様性”時代における微生物の捉え方」正木 春彦(東京大学)
17:25 - 17:30「閉会の挨拶」 太田 明徳(日本農芸化学会副会長)

問合わせ先:日本農芸化学会 第36回化学と生物シンポジウム世話人 吉川博文(東京農大・バイオ、Tel. 03-5477-2758、e-mail: hiyoshik@nodai.ac.jp)