第5回 感覚器シンポジウムが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


第5回感覚器シンポジウム

ダーウィン生誕200年記念“感覚研究のフロンティア”

主催/東京医療センター臨床研究(感覚器)センター

日時/平成22年3月11日(木) 13:00~18:00

会場/国立病院機構東京医療センター外来棟3F大会議室
National Institute of Sensory Organs (NISO)
National Tokyo Medical Center (NTMC)


I. 特別講演

ゼブラフィッシュを用いた網膜神経発生のメカニズムの解明
政井一郎/沖縄科学技術研究基盤整備機構 大学院大学先行研究プロジェクト神経発生ユニ
ット 代表研究者

網膜の発生と機能の分子制御機構
古川貴久/大阪バイオサイエンス研究所 第4研究部 (発生生物学部門) 研究部長

遺伝子発現誘導系を駆使した感覚神経系のシステムバイオロジー
伊藤 啓/東京大学 分子細胞生物学研究所 高次構造研究分野 准教授

音声シーケンス認識・制御の中枢神経機構
渡邉 大/京都大学大学院 生命科学研究科高次脳機能学分野
医学研究科生体情報科学講座 教授 



II. 感覚器センターの研究から

若年性網膜分離症マウスモデルの病態と遺伝子治療
高田雄一郎/NISO 分子細胞生物学研究部 研究員

黄斑変性症およびポリープ状脈絡膜血管症における全ゲノム関連解析
赤堀正和/NISO 分子細胞生物学研究部 研究員

聴覚発達とエピジェネティック制御
務台英樹/NISO 聴覚・平衡覚研究部 聴覚障害研究室 研究員

ダーウィンのヒトの耳についての考察および中耳・内耳の発生と進化
加我君孝/NISO 感覚器センター センター長

[連絡先]
独立行政法人 国立病院機構 東京医療センター 臨床研究(感覚器)センター
センター長/加我君孝
〒152-8902 東京都目黒区東が丘2丁目5-1
TEL:03-3411-0379 FAX:03-3411-0185
[e-mail]nisojimu@ntmc.hosp.go.jp