「国際産学官連携シンポジウム」 (3/25)が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


2010国際産学官連携シンポジウムin Keio
-先端医療分野における知財戦略と活用-

日時:2010年3月25日(木)13:00-17:00
場所:慶應義塾大学三田キャンパス 東館8階ホール 
(東京都港区三田二丁目15番45号)
アクセス:http://www.keio.ac.jp/ja/access/mita.html

【開催趣旨】
再生医療などの先端医療分野に関して、ハーバード大学やカリフォルニア大学など、米国
の大学では先進的な研究が進められている。日本においても、京都大学のiPS細胞研究をは
じめ、臨床応用を目指した慶應義塾の再生医療研究などが注目を集めている。これらの先
端医療分野における知財戦略やその活用とはどうあるべきか。日米の大学技術移転専門家
を招聘し、パネル討論を行ない、今後のとるべき戦略的展開について考えたい。

【招聘講師】
・Dr. Michal Preminger; Executive Director Harvard University Office of Technology
Development
・Dr. Benjamin Chu; Technology Transfer and Business Development Officer University
of California Los Angeles
・Dr. Andrew T. Serafini; Partner of Fenwick & West LLP

【パネルディスカッション】
(パネリスト)
・上記の3名
・白橋 光臣 氏; iPSアカデミアジャパン株式会社 知財・法務部長
(モデレータ)
・羽鳥 賢一;慶應義塾大学知的資産センター所長

【参加費】
無料(要事前申込)
【参加申し込み】
申込締切: 2010年3月18日(木) *定員になり次第締切とさせていただきます
申込方法: 下記よりWEB登録、またはFAXにて氏名、所属、住所・電話番号・FAX番号・メ
ールアドレスをご記入の上、(FAX)03-5440-0558あてにお申し込み下さい。

・WEB登録  https://wwwdc01.adst.keio.ac.jp/kj/ipc/ipc_sympo2010.html


主  催 慶應義塾大学知的資産センター http://www.ipc.keio.ac.jp/
問合せ先 慶應義塾大学知的資産センター 国際シンポジウム担当
TEL:03-5427-1678

※詳細は専用ホームページをご参照ください
 こちら⇒http://www.ipc.keio.ac.jp/event/pdf/international_sympo2010.pdf