今日ほど、地球が丸いことが憎らしかった日はありません。

 バンクーバーとの時差は-17時間。今や決勝進出に1敗しかできないカーリングの日本チームを応援しようにも、NHKは午前1時50分から生中継です。でも結局、生を見てしまったのですね。日本VSロシア、いずれも美女揃いでもあり、見逃すわけにはいきません。しかし、いきなり前半で6:0とカーリングとしては致命的な点差を付けられてしまいました。眠気も増しもう眠ろうと思ったところで、3点、そして次にも3点と一挙に追いつき、終わってみれば6:12の大差で勝利を収めました。しかし、後半に入ってもゲームは山また谷、最終の10エンド目で、ロシアに1点与えて、9:9の同点。これはカーリングでは絶対有利な後攻を取るための戦術です。しかし、午前5時過ぎ、見てる方のことも考えていただきたい。続きはここをクリック。(宮田満)