***** seminarMLから情報転載 *****

メディカルツーリズムのシンポの告知の後で告知文を出すのは心苦しいのですが、

下記のシンポジウムを開きますので、よろしくお願いします。

さいお

***************************
いのちの始まりと被験者の保護
-立法への道標-
***************************
主催:生命倫理政策研究会、(第107回)くすりネット・くすり勉強会
後援(申請中):財団法人 先端医療振興財団 臨床研究情報センター
2010年2月21日(日)14:00~17:30 懇親会17:30~19:30
会場:日本財団 大会議室 2階 大会議室
http://www.nippon-foundation.or.jp/org/profile/address.html
参加費:2000円、懇親会:5000円
*一番下の要綱に従って事前登録してください。

◆開催趣旨:
 いのちはいつ始まり、いつ終わるのか。生命の始まりと終わりへの操作、人を他の目的の手段とする行為はどこまでゆるされるのか。こうした生命の根源に関わる課題に、日本の立法府・行政府は明確な回答を回避し続けてきました。
 生命科学が生命の根源を揺り動かす脅威への防御壁として、生命倫理をめぐる様々な規範が世界各国で提案され、制度設計されてきましたが、日本においては理念から法への道のりが明確でないまま、行政指導による指針が乱立し研究現場を困惑させています。 一方、生命科学の探求は、なおも急激に事業化・商業化へと加速しつつあります。その成果の還元による「よき生」への希求も増大し続けています。生命への探求を公正な医療技術へと結実させるための「法の支配」のあり方を議論し、提言する場をここに展開します。
●基調問題提起
・人の発生操作に関するルールの統廃合
 -体外受精からES細胞、クローン研究まで-
 ?島 次郎(東京財団 研究員)
●コメント
・「研究対象者保護法」と胚・胎児の保護
 栗原 千絵子
   (放射線医学総合研究所 主任研究員
  医薬品開発支援機構 理事)
・いのちの境界と人間の尊厳
 -脳死・中絶・胚研究をめぐって-
 光石 忠敬(光石法律特許事務所 弁護士)
・いのちの始まりと被験者の保護
 -臨床科学の原理と立法への道標-
 福島 雅典(臨床研究情報センター センター長)
●立法府からのコメント
・「薬害防止法」と「被験者保護法」
 川田 龍平(みんなの党 参議院議員)
・医学・医療をめぐる制度改革への道
 -最善の医療を手に入れるために-
 郡 和子(民主党 衆議院議員)
・憲法・クローン法から生殖補助医療まで
 -いのちと権利を守る立法府の使命-
 小宮山 洋子(民主党 衆議院議員)
●総合討論・提言と結語

●懇親会(軽い飲み物と軽食をご用意します。)
17:30~19:30 (日本財団内で部屋を移動)

***************************************
■参加申込みは以下を明記の上、電子メールで 
cont@nifty.com(臨床評価刊行会)宛
(1)お名前 (2)ご所属又はお仕事等 (3)連絡先 
(4)懇親会の参加・不参加
*申込情報は参加者間で共有されます。
***************************************




seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。