***** seminarMLから情報転載 *****

マウスの遺伝学を駆使した記憶学習の分子機構と神経回路の先端的な研究を進められている藤田保健衛生大学の松尾直毅先生にセミナーをお願いしました。お気軽にご来聴下さい。

東京大学大学院理学系研究科生物化学専攻 飯野雄一

--------------------------------------------
グローバルCOE特別セミナー
生物化学専攻セミナー

日時:平成22年1月26日(火) 17:00~18:30
場所:理学部3号館3階327号室
講師:松尾 直毅 藤田保健衛生大学 総合医科学研究所 講師
演題:記憶を担う神経回路・現象の可視化と操作

要旨:記憶学習の動作原理を理解するうえで最重要課題の一つは、機能的神経回路を同定し、そこで実際に起きている現象を分子・シナプス・回路レベルで明らかにすることである。演者らは、任意の行動刺激により活動した神経細胞集団選択的に任意の遺伝子操作を行うために、神経活動依存的に発現が誘導されるimmediate-early genes (IEGs)のひとつc-fos遺伝子のプロモーターの制御下でtetracycline- regulated transactivator (tTA)を発現するトランスジェニックマウスを開発した。このcfos-tTAマウスとtetO-GFP GluR1マウスを掛け合わせたマウスを用いることにより、細胞体で新しく合成されたAMPA型グルタミン酸受容体の挙動を脳内で可視化し、学習に伴ったスパインへの動員を観察した結果、“synaptic tag”のin vivoにおける存在が示唆された。また、tetO-feedback loop taulacZマウスと掛け合わせたマウスを利用して、恐怖条件付け記憶の“形成”の際に活動した神経細胞集団を選択的に長期標識し、別のIEGマーカー (ZIF)を用いて記憶の“想起”の際に活動した神経細胞集団を標識することにより、扁桃体において記憶の形成と想起の際に共に活動する神経細胞集団(記憶の痕跡場所)を可視化することができた。本セミナーでは更に、これらのマウスを利用した記憶の操作の試みについても紹介・議論したい。

参考文献:

Matsuo&s_comma; N.&s_comma; Reijmers&s_comma; L.&s_comma; & Mayford&s_comma; M. Spine-type specific recruitment of newly synthesized AMPA receptors with learning. Science 319&s_comma; 1104-1107 (2008)

Reijmers&s_comma; L.G.&s_comma; Perkins&s_comma; B.L.&s_comma; Matsuo&s_comma; N.&s_comma; & Mayford&s_comma; M. Localization of a stable neural correlate of associative memory. Science 317&s_comma; 1230-1233 (2007)

---------------------------------------------

Yuichi Iino&s_comma; PhD&s_comma; Professor.
Department of Biophysics and Biochemistry&s_comma;
Graduate School of Science&s_comma;
The University of Tokyo

Mailing address:
7-3-1 Hongo&s_comma; Bunkyo-ku&s_comma;
Tokyo 113-0033&s_comma; Japan.

Courier delivery address:
Science Building No.3&s_comma; Rm224
2-11-16 Yayoi&s_comma; Bunkyo-ku&s_comma;
Tokyo 113-0032&s_comma; Japan

Tel/FAX: +81-3-5841-8293
e-mail: iino@biochem.s.u-tokyo.ac.jp
URL: http://molecular-ethology.biochem.s.u-tokyo.ac.jp/IINO_lab_J.html
---------------------------------------------



seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。