「こころを生み出す神経基盤の解明」シンポジウムが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


  「こころを生み出す神経基盤の解明」シンポジウム

脳科学をテーマに「こころを生み出す神経基盤の解明」と題し、分子脳科学とシステムニ
ューロサイエンス・認知科学、更には精神疾患や認知症の病態と創薬研究等について、利
根川進先生、伊藤正男先生を始めとする世界の第一線で活躍する研究者にご講演いただき
、最先端の脳科学とその方向性を探ります。

 【日時】:平成22年1月26日(火) 13:00~17:45

 【場所】:慶應義塾大学三田キャンパス 北館ホール(入場無料・事前登録/受付順)
 
【参加申込及び詳細】 http://event.crp.keio.ac.jp/ (問合せ:03-5427-1776)

座長:安西祐一郎(慶應義塾大学理工学部教授 前慶應義塾長)
コーディネーター:岡野栄之(慶應義塾大学医学部教授)
総合司会:福士珠美(独立行政法人科学技術振興機構研究開発戦略センター ライフサイエ
ンスユニット フェロー)

            【プログラム】
開会挨拶:清家篤 慶應義塾長、
座長挨拶:安西祐一郎 慶應義塾大学理工学部教授 前慶應義塾長 
特別講演「脳科学におけるミッシングリンク」
 伊藤正男 理化学研究所脳科学総合研究センター特別顧問
講演「対人交渉の困難さを生み出す神経基盤と脳の男女差」
 山末栄典 東京大学医学部附属病院精神神経科准教授
講演「遥かなる創薬アルツハイマー病治療薬開発の夢を追って」
 杉本八郎 京都大学大学院薬学研究科創薬神経科学講座客員教授
講演「iPS細胞と遺伝子改変マーモセットを用いた精神・神経疾患研究の展開」
 岡野栄之 慶應義塾大学医学部生理学教授・医学研究科委員長
講演「こころの進化―人間とチンパンジーの比較からー」
 松沢哲郎 京都大学霊長類研究所思考言語分野教授
特別講演「Mechanisms for Hippocampal Memory(海馬の記憶機構)」
 利根川進 理化学研究所脳科学総合研究センター長

閉会挨拶 渡辺茂 人間知性研究センター所長 慶應義塾大学文学部教授

【主催】:慶應義塾大学研究推進センター、人間知性研究センター、独立行政法人理化学
研究所脳科学総合研究センター、慶應義塾グローバルCOEプログラム(幹細胞医学のための
教育研究拠点)、慶應義塾グローバルCOEプログラム(論理と完成の先端的教育研究拠点)
、ブリヂストン神経発生・再生学寄附講座
【後援】:文部科学省