***** seminarMLから情報転載 *****

IMSUT & RCAST
GCOE特別セミナー
<医科学教育セミナー>

開催日時:平成21年12月28日 (月) 16:30-17:30  

開催場所:東京大学医科学研究所1号館講堂
(地下鉄南北・三田線、白金台下車。医科研正門からはいり正面の時計台のあ
るれんがの建物です。)

講師氏名:中村 祐輔
講師職名:教授
講師所属:東京大学医科学研究所

演  題:がんペプチドワクチン療法:現状と展望、そしてアメリカの動向

(使用言語):日本語

概  要:
がんの治療法では、外科療法、化学療法、放射線療法がエビデンスに基づく治
療法として確立されています。免疫療法への期待は高かったものの、そのエビ
デンスが必ずしも十分でない状況が長く続いていましたが、ようやく、これら
3つの治療法に続く第4の治療法として認識されつつあります。アメリカでは、
2009年9月17日に医薬食品局(FDA)が製薬企業向けの「がん治療用ワ
クチンのための臨床的考察(Clinical Considerations for Therapeutic
Cancer Vaccines)」というガイダンス案を公表しました。これはがんワクチ
ンを治療薬として承認する際に満たすべき要件などに関して、企業から意見を
求めるためのたたき台となります。今回は、われわれが全国で行っているがん
ペプチドワクチン療法臨床研究の進捗とそこから考えられる将来への展望につ
いて紹介します。患者さんやご家族のご参加も歓迎致します。

世話人(幹事)氏名: 清木元治  (分野名)腫瘍細胞社会学分野
世話人氏名: 古川洋一  (分野名)臨床ゲノム腫瘍学分野
******
渡辺すみ子
東京大学医科学研究所




seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。