分子イメージング研究シンポジウム2010が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


**************************
     分子イメージング研究シンポジウム2010
      -未来を拓く創薬・疾患診断研究-
**************************
 分子イメージングとは、生体内に入れた医薬品やタンパク質などの様々な分子の挙動を
観察する技術のことです。例えば、がんの早期発見などの病気の診断や検査に活用するこ
とができます。
 本シンポジウムでは、平成17年度から開始されました文部科学省の委託事業「社会のニ
ーズを踏まえたライフサイエンス分野の研究開発-分子イメージング研究プログラム-」
の5年間の研究成果を、民間企業、大学、研究所、行政機関の皆様に広くご理解いただくこ
とを目的にしております。
 また、分子イメージングという言葉を初めて耳にする方を対象とした「市民公開講座」
を1月22日(金)18:10~19:40同会場にて開催します。ぜひご参加ください。

1.主催
独立行政法人放射線医学総合研究所、
独立行政法人理化学研究所

2.開催日時
2010年1月21日(木)13:00~17:45(開場 12:30)
             18:15よりパネル懇談会開催
   1月22日(金) 9:00~17:20(開場 8:30)
             18:10より市民公開講座開催

3.開催場所
日経ビル3F日経ホール(東京都千代田区大手町1-3-7)
地下鉄大手町駅下車C2b出口直結
日経ホールURL http://www.nikkei-hall.com/

4.申し込み
参加費無料
(但し、パネル懇談会は一般:4000円、学生:2000円)
事前登録制 ※市民公開講座も事前登録が必要です
下記シンポジウムwebページからお申し込みください
http://www.cmis.riken.jp/mi2010/

5.講演内容
【研究シンポジウム】
演台数は24題、最先端の研究成果を発表

【市民公開講座】
講演1
「分子イメージング研究によって拓かれるビジネス機会」
              矢野恒夫(理化学研究所)
講演2
「分子で見えるこころの不調」
          高橋英彦(放射線医学総合研究所)
6.問合先
理化学研究所神戸研究所研究推進部企画課
TEL:078-306-3141 FAX:078-306-3039 
E-mail:cmis-sympo@riken.jp