現在、品川港南口のコクヨホールで開催中のBTJプロフェッショナルセミナーの会場におります。おかげさまで、会場は満員、わが国の宝ともいえるiPS細胞を第二段階に進めようという熱気で溢れております。今年の春の段階でヒトiPS細胞細胞を樹立する方法の研究は頂点を迎え、今や樹立したiPS細胞をどう活用するかという第二段階に入ったと考えております。今までのように発生分化学者だけでなく、新段階では、毒性学者や医学者、規制科学者、エンジニア、企業関係者、行政関係者などの広範な参画が必要です。このセミナーの様子は、今週発行する個の医療メールでお伝えいたします。まだ、受信されていない読者はどうぞ下記よりご登録ください。今なら間に合います。
http://passport.nikkeibp.co.jp/bizmail/p-med/index.html
続きはここをクリック。(宮田満)