横浜で開かれた日本分子生物学会は日本生化学会と別れ、単独開催となりました。そのために、来場者数も、展示会の企業も小粒となったのですが、合同年会は余りにマンモス学会になり過ぎたため、雑踏という印象しか残らないことを考えると、これも悪くないかも知れません。続きはここをクリック。(宮田満)