12月21日午後、東京品川で今年最後のBTJプロフェッショナルセミナーを開催いたします。今回のテーマは「iPS細胞の再生医療と創薬への応用」。急速に展開するiPS細胞研究はとうとう第二段階に入りました。樹立方法やiPS細胞が成立する条件はほぼ明確になりました。次はこれを創薬や再生医療応用するための課題を明確にし、技術突破を行わなくてはなりません。この作業には、医薬品医療機器総合機構などの規制当局と企業の参画が不可欠です。
続きはここをクリック。(宮田満)