12月21日午後、東京品川で今年最後のBTJプロフェッショナルセミナーを開催いたします。

今回のタイトルは「第二段階に入ったiPS細胞、生命科学と再生医療にどう活かすのか?」

京都大学山中研究室や理化学研究所発生・再生科学総合研究センターなどの最先端の研究者に加え、企業のキーマンを招き、実際に創薬や再生医療にどうiPS細胞を活用し、それを実現するための関門は何かを議論します。

 ぎりぎりまで調整いただきましたが、山中教授のご都合が付かず、iPS細胞の再生医療への応用を担当している青井先生がご講演することになりました。どうぞご了承願います。より実践的な話を聞ける機会となると思います。

生命科学の最先端の研究者に加え、バイオ産業を担う企業の研究者と戦略企画担当者、行政関係者、投資家の皆様など、関係者にも必見です。
どうぞ詳細を下記よりアクセスし、お早めにお申し込み願います。
 http://bio.nikkeibp.co.jp/bio/seminar/091221/


 会場でお会いすることを楽しみにしております。


                   Biotechnology Japan Webmaster 宮田 満


+BTJJ+++