フィギュア女子の戦いで、勢力均衡が破れた感じです。

 キム・ヨナ選手と拮抗していた浅田選手が、トリプルアクセルに対する迷いのために、ふるいません。安藤美姫選手が極めて流麗に演技をまとめ、1位となりましたが、得点を見るとキム・ヨナ選手に対抗することは難しい状況です。「真央の心を入れ替えて見せる」と豪語したタラソナコーチの指導はまだ、効果を発揮していません。長いスランプにならぬよう、何とか光を見つけて欲しいと祈るばかりです。続きはここをクリック。(宮田満)