個の医療のメールの内容を受けて、iPS細胞の臨床応用に関する安全性について、九州大学の米満先生と理研の高橋先生が素晴らしい議論をなさっています。是非とも、下記のリンクより私のブログ「Wmの憂鬱」をご覧願います。私が執筆しているメールの内容に対する質問やご意見はここで受けております。今回の議論は本当に再生医療を前に進めるものです。皆さんも、どうぞどんどん声を挙げて、議論に参加いただければ幸いです。
http://blog.nikkeibp.co.jp/bio/miyata/2009/09/204015.html
続きはここをクリック。(宮田満)