09年10月7日から9日、パシフィコ横浜で開催される我が国最大のバイオ展示会・シンポジウム・オープンイノベーション・アリーナであるBioJapan2009に出展し、シーズ導入や共同研究の相手先を求めるスイスRoche Pharma社の狙いを、ロシュ ファーマ・ジャパン 事業開発ディレクター 医薬パートナリングの鈴木香氏にインタビューした。「BioJapanは日本の技術やシーズをレビューするのに最高の機会だ。日本で第2のGenentech社を探したい」と極めて積極的に、我が国のアーリーのシーズからアクセスすることを表明した。
 同社とはマッチングソフトでコンタクト可能だ。また、セミナーやランチョンの参加事前登録(無料)はここをクリックして申し込み願いたい。(聞き手、宮田満)

---焦点を当てている疾患領域は何か?
 がん、炎症・リウマチ、ウイルス疾患、代謝性疾患・循環器疾患、中枢神経が重点領域だ。

---BioJapan2009で求める技術・製品は何か?
 当社のポートフォリオの56%がバイオ医薬だ。また売り上げのトップ10の半分がバイオ医薬であり、バイオ医薬が成長の原動力となっている。抗体、生物製剤、ペプチド医薬などで新しいシーズを求めている。バイオ医薬の物性改変技術を注目している。例えば、皮下注射できるような、抗体医薬や生物製剤の粘土を低下させる物性の改変など幅広い技術を求めている。我が国が強いナノ技術の応用にも関心がある。
 また次世代のバイオ医薬であるRNA医薬にも強い興味がある。siRNAからmiRNAまで幅広く技術を求めている。siRNAでは新しいDDS(薬剤送達システム)を求めている。副作用の軽減といった従来のDDSではなく、肝臓以外の臓器や組織にsiRNAを送り込むようなDDSに興味がある。単純な陽性荷電リポソームには興味がない。
 再生医療や細胞医薬に関しても、次の医薬品の可能性として検討してみたい。幹細胞やiPS細胞は創薬のためのスクリーニングとして興味がある。安全性よりも、薬効評価に活用することを期待している。

---もう少し基礎的な研究や技術に興味はないか?
 より基礎的な共同研究の機会もある。また創薬を支援するプラットフォーム技術の導入にも興味がある。BioJapan2009では大学や大学TLOの関係者やスタートアップのベンチャー企業に多く出会いたい。ロシュにはベンチャーキャピタルもあり、出資の機会もある。

---バイオマーカー・診断薬や医療機器の売り込みにどう対応するか?
 診断薬の担当者もきちっと会期中はブースに詰めているので、是非とも声を掛けていただきたい。
 バイオマーカーの研究にはかなり力を入れている。もはやフェーズ2臨床試験に入る前には、どんなバイオマーカを活用するか戦略を定めていなくてはならない。従来、医薬品の薬効を半年とか1年間かけて評価してきた手法を、バイオマーカーで置き換えて3ヶ月で評価できるような技術の持込を歓迎する。臨床試験の対象とする患者さんの選別や、病態の進展判断に貢献できるようなバイオマーカが欲しい。

---アポイントや面談希望者に対する要望はあるか?
 マッチングシステムは毎日見ている。興味深い案件があれば、特別ミーティングを設定する。別枠で会場内に4つの会議室を確保、既に3日間で50数社と面談を設定している。
 展示会場のブースをどうぞ訪問していただきたい。今回はアーリーな案件にも興味があり、なるべく多くの初めての出会いを期待している。私も3日間ブースに常駐する他、本社のライセンス担当者など専門家ともブースでの面談が可能だ。マッチングシステムを使えば、希望する担当者にブースで会える時間をお伝えすることも可能だ。リプロセルはブースに飛び込みで営業に来た。現在アライアンスの可能性を検討中だ。こうした出会いを求めている。今年はブースでの対応に力を入れたい。
 但し、大前提として、医薬シードやリードでは、1)医薬候補化合物に関しては堅固な知財が必要、用途特許だけでは評価し難い、2)前臨床試験のデータパッケージの中で科学的に作用機構を明らかにして欲しい。
 しかし、膨大なデータを面談の際に持ち込まれても困る。A4版1-2ページで、簡潔にシーズや技術を説明していただきたい。必要不可欠なデータに絞って記述して欲しい。しかも英文でお願いしたい。新規標的か?First in classか? Best in classか?などを説得力あるデータで示していただけれるとありがたい。
 当社は皆さんと長く付き合いたい。ギブ・アンド・テイクで皆さんの事業開発や研究開発に対する助言もする。フィードバックやフォローアップをきちっとするので、是非ともマッチングシステムを活用しアポを申し込んだり、展示ブースを訪問したりしていただきたい。
(この記事は特別に全文無料で提供しています)


●BioJapan2009パートナリング特集
●●BioJapan2009見所特集


+BTJJ+BioJapan2009企業+++