***** seminarMLから情報転載 *****


***「幹細胞生物学と発生工学の最前線」開催のご案内***

事前登録不要、参加費無料です。直接会場へお越しください。皆様のご
参加をお待ちしております。

日時:2009年11月9日(月)13:
00-16:00(受付開始12:30~)
場所:理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター C棟1
階オーディトリアム
講演者:Austin Smith (University of Cambridge&s_comma; UK)、佐々木
 えりか(実験動物中央研究所)、斎藤通紀
(理化学研究所 CDB)
言語:英語
URL:http://www.cdb.riken.jp/fsc2009/

13:00 - 14:00
Austin Smith (University of Cambridge&s_comma; UK)
Capturing Pluripotency
14:00 - 14:15
コーヒーブレイク
14:15 - 14:45
佐々木 えりか (実験動物中央研究所)
Generation of Transgenic Non-human Primate
トランスジェニック霊長類の作出
14:45 - 15:15
斎藤 通紀 (理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター)
In vitro Reconstruction of Germ Cell Development from Pluripotent
Stem Cells: Current State and Perspectives多能性幹細胞からの試験
管内生殖細胞作成技術:現状と展望
15:15 - 16:00
総合討論 「幹細胞・発生工学研究の展望」

お問い合わせ:独立行政法人理化学研究所 研究推進部学術集会担当
Tel: 078-306-3010 / Fax: 078-306-3039
E-mail: cdb-mtg@cdb.riken.jp


seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。