09年10月7日から9日、パシフィコ横浜で開催される我が国最大のバイオ展示会・シンポジウム・オープンイノベーション・アリーナであるBioJapan2009に出展し、シーズ導入や共同研究の相手先を求めるエーザイの狙いは何か?昨年より新薬開発組織を大転換したエーザイの高効率開発力と世界規模の販売網を駆使して、技術シーズと導入製品を活かすことだ。同社の新たな挑戦がオープンイノベーションと相乗効果を出せるか、試金石となる。
同社とはマッチングソフトでコンタクト可能だ。また、セミナーやランチョンの参加事前登録(無料)はここをクリックして申し込み願いたい。(聞き手、宮田満)

---新組織、PCU(Product Creation Unit、製品創造単位)とは何か?
 エーザイでは研究開発は死語になっている。07年から各製品群別のPCUが新薬の開発を担っている。権限を大幅に移譲し、研究から臨床開発、許認可を担当する。これによって今までなかなか研究開発から商品化につながらなかった問題を解決し、患者さんのためになる新商品を迅速に市場に提供することを目指している。この他にCFU(Core Function Unit)とい組織があり、申請業務や臨床試験支援、薬物動態・毒性、バイオマーカーとファーマコオミックス、医薬製造など専門的な支援を行うユニットがあり、PCUとCFUが相互に関与して、医薬品の商品化を加速する。

---焦点を当てている疾患領域は何か?
 神経疾患、がん、免疫・血栓症、消化器系疾患に焦点を当てて製品創造を行っている。

---BioJapan2009で求める技術・製品は何か?
 実際の共同研究や製品導入は事業開発部とPCUの担当者が行う。代表的なPCUを見てみると、Morphotek PCUは抗体医薬と先端的な生物製剤、標的抗原、次世代抗体などに焦点が当たっている。
オンコロジーPCUはがん、特に後期開発品を望んでいるが、画期的なフェーズ1や前臨床などのアーリーな開発案件も探索中だ。
 神経科学PCUはPOCが確立した医薬品候補がこの分野では少なく、当社はリスクを積極的に取る方針だ。科学的にある程度科学的根拠が蓄積したシーズが欲しいが、特にアルツハイマーについてはどんな案件でも評価したい。病態を修飾する医薬品だけでなく、疾患のマネージメントに貢献するシーズにも興味がある。アルツハイマー病の治療薬は重点案件。我が国ではアルツハイマー病の診断を可能とするシーズにも強い興味がある。画像診断や診断用抗体などを提案して欲しい。2011年に当社の主力製品であるアルツハイマー病治療薬「アリセプト」の特許が切れるため、この分野のパイプラインを充実させたい。
フロンティアPCUはがんと神経系以外の領域のシーズや製品を導入する。消化管疾患領域では、クローン病、潰瘍性大腸炎などアンメットニーズの治療薬開発の提案を希望する。
プレミアPCUは後期臨床試験の製品開発を担当している。
 アジア、中国、欧米などに販売網があり、ロシア、東欧に展開中だ。今後、中南米やアフリカの販売網を構築する計画で、こうした地域にも適した医薬品の品揃えにも積極的に取り組んでいる。実際に商品を持っているアジアや日本の企業と是非とも面談を希望したい。グローバルでもローカルでも、きめ細かく販売提携する。

---もう少し基礎的な研究や技術に興味はないか?
 KAN研究所は、根本的な医薬品開発の基礎研究を行っており、神経疾患や炎症疾患の基礎研究など多方面に展開している。さらに各PCUは自らの分野において革命的な新薬の開発に繋がる基礎研究を行っていく。その一貫として、低分子から抗体医薬、ゲノミックスまで幅広くシーズをレビューする。また、専門支援業務のCFUでも、例えばDMPK/TOX CFUでは新しい薬物動態の解析法や毒性試験法、次世代システムCFUでは新規化合物ライブラリーなどにも興味がある。また、バイオマーカー&ファーマコオミックスCFUでも新しいバイオマーカーなどを探している。
 CFUはサービス業務なので、よりよいサービスが社外から提供されるのなら、アウトソーシングを効率的に活用する可能性もある。CMC(受託製造)、臨床サポート、申請業務のCFUがあり、アウトソーシングの売り込みについては、積極的にCFU担当者へと繫げていきたい。

---アポイントや面談希望者に対する要望はあるか?
 
マッチングソフトでもう毎日、面談の要請を受けている。是非ともマッチングソフトを活用し、メールの題名に案件の名前を明示して欲しい。また本文でも製品や技術シーズの内容を簡潔に分かり易く記述していただくと大変ありがたい。万が一、マッチングソフトでアポイントが取れなくても、どうぞ展示会場のブースをご訪問願いたい。
(この記事は特別に全文無料で提供しています)


●BioJapan2009パートナリング特集
●●BioJapan2009見所特集


+BTJJ+BioJapan2009企業+++