09年10月7日から9日、パシフィコ横浜で開催される我が国最大のバイオ展示会・シンポジウム・オープンイノベーション・アリーナであるBioJapan2009に出展し、シーズ導入や共同研究の相手先を求める大日本住友製薬の狙いをインタビューした。同社は精神神経疾患を中心に、免疫・がん・炎症、さらには核酸医薬などに関連したシーズを求めている。同社とはマッチングソフトでコンタクト可能だ。また、セミナーやランチョンの参加事前登録(無料)はここをクリックして申し込み願いたい。(聞き手、宮田満)

---焦点を当てている疾患領域は何か?
 精神神経系疾患を中心に。免疫・炎症・がんといった分野も興味がる。ちょっとアングルの異なるアプローチなどにも興味がある。
---BioJapan2009で求める技術・製品は何か?
 化合物の顔が見えている研究の初期から中期の化合物にも興味がある。
 また、核酸医薬や抗体医薬などのバイオ医薬の可能性も探りたい。当社はアテロコラーゲンなどのDDSも開発中で、siRNAやアンチセンスなど核酸医薬周辺技術も求めている。
---バイオマーカー・診断薬や医療機器の売り込みにどう対応するか?
 バイオマーカーも興味がる。まずは幅広くシーズを探ってみたい。診断薬と研究試薬はDSファーマバイオメディカルというグループ企業がやっている。情報があれば共有したい。DSファーマバイオメディカルは一部、医療機器の販売もしている。
---クラスターやTLO関係者との面談は希望するか?
 大学やクラスターのシーズには興味がある。大学の関係者には多数お会いしたい。一般的な情報収集としてクラスターのことも知りたい。
---共同研究やライセンスのプロセスはどのようなものか?
 当社の研究企画推進部が前臨床までの案件を評価・担当する。最適化研究しているようなシーズだ。但し、この段階でも化合物が絞りこまれていて、臨床試験が見えている案件は事業開発部が担当する。
 事業戦略本部事業開発部が担当すのは、臨床段階にあるレートな案件だ。しかし、いずれにせよ両方の部署が連絡しながら対応する。
---アポイントや面談希望者に対する要望はあるか?
 マッチングシステムを使って申し込んでいただきたい。メールで申し込む際には、提案するシーズや製品の内容を分かり易く記述していただきたい。
 可能なら全世界の権利確保を希望している。但し、特殊なケースでは日本だけの販売権でも対応する。万が一、アポイントがマッチングソフトで取らなくても、展示会場のブースを是非とも訪問いただければ、きちっと対応するので、どうぞご来訪願いたい。(この記事は特別に全文無料で提供しています)


●BioJapan2009パートナリング特集
●●BioJapan2009見所特集


+BTJJ+BioJapan2009企業+++