第7回RCGMシンポジウムが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


第7回RCGMフロンティアシンポジウム
「未来医療のためのゲノム医学研究」
日時:2009年11月3日(火)祝日 9:30~18:00
主催:埼玉医科大学ゲノム医学研究センター(RCGM)
オーガナイザー:ゲノム医学研究センター 所長 岡崎康司
場所:埼玉医科大学創立30周年記念講堂
•招待講演者
1. 慶応大学 医学部 発生分化生物学講座 教授 須田年生先生
  低酸素ニッチにおける幹細胞
2. 理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター 
  多能性幹細胞研究チーム チームリーダー 丹羽仁史先生
  多能性を規定する転写因子ネットワーク
3.国立遺伝学研究所 総合遺伝研究系 人類遺伝研究部門 
教授 佐々木裕之先生
  哺乳類生殖細胞のエピジェネティクスと小分子RNA

◆埼玉医科大学ゲノム医学研究センター講演
1)黒川 理樹 教授 :遺伝子構造機能部門
  非コードRNAによるヒストン修飾を介し た遺伝子発現制御機構
2)井上 聡 客員教授:遺伝子情報制御部門
  乳がん、子宮がん、前立腺がんの増殖と悪性化のシグナル経路
3)奥田 晶彦 教授 :発生・分化・再生部門  
ES細胞特異的に見られるNucleostemin によるp53タンパク質の
安定化
4)片桐 岳信 教授 :病態生理部門
  筋組織における異所性骨化の機序解明と治療への応用
5)岡崎 康司 教授 :ゲノム科学部門
  間葉系細胞分化マスターレギュレータによる転写制御ネット
ワーク
6)三谷 幸之介 教授:遺伝子治療部門
  ヒト多能性幹細胞における染色体操作技術の効率化
7)西山 正彦 教授 :トランスレーショナルリサーチ部門
  がんトランスレーショナルレサーチ:Drug-Diagnostic
Co-Development Study
参加費:無料
懇親会費:一般4000円、学生2000円
※参加ご希望の方は事前登録(e-mailまたはFAX) をお願いします。
1)お名前、2)ご所属、3)ご連絡先をご明記の上、参加希望をお知らせ下さい。
問合せ先(事前登録連絡先)
〒350-1241埼玉県日高市山根1397-1
埼玉医科大学 ゲノム医学研究センター
第7回RCGMフロンティアシンポジウム事務局 奥田晶彦
Tel: 042-984-4768 Fax:042-984-4763
E-mail: rcgm09@saitama-med.ac.jp
URL: www.saitama-med.ac.jp/genome/