第5回ライブセルイージング講習会が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


【第5回ライブセルイメージング講習会 参加者募集】

主旨:
最新の光学顕微鏡によるライブセルイメージング技術の普及を目指し、実際に最新の顕微鏡に手を触れイメージング技術を学ぶ、技術講習会を開催します。最新の共焦点顕微鏡、全反射(TIRF)顕微鏡、2光子顕微鏡等を用いて、細胞イメージング手法に加え、脳の神経細胞のイメージングを実習して頂きます。

主催:日本バイオイメージング学会,産業技術総合研究所
共催:浜松医科大学、千葉大学医学部、物質材料研究機構

協賛:オリンパス(株)、カールツァイス(株)、(株)ニコンインステック、(株)同仁化学研究所、浜松ホトニクス(株)、Andor Technology PLC、ライカマイクロシステムズ、(株)ソリューションシステムズ,セキテクノトロン(株)、(株)東海ヒット、和光純薬(株)、 ルシール(日本ローパー代理店)

日時: 平成21年10月5-9日(午前:講義,午後:実習)  
      
対象: ポスドク、企業の研究者・技術者、研究所職員、大学教員、技官、テクニカルスタッフ、大学院生(博士課程)、など。

[講義] 
光学顕微鏡の基礎技術(顕微鏡光学系の基礎、蛍光と蛍光顕微鏡の基礎、共焦点法、位相差法、微分干渉法、CCDカメラ概説)
蛍光染色法(蛍光色素概説、蛍光蛋白質)
共焦点法の応用(スペクトル顕微鏡、Caイメージング、GFP とFRET)
蛍光法の応用(エバネッセンス顕微鏡(TIRF顕微鏡)、1分子生理学、FRAP)
2光子顕微鏡(2光子法の原理、脳スライス観察、シナプス観察)

[講師] 
寺川進、最上秀夫,桜井孝司(浜松医大)、高松哲郎(京都府立医大)、船津高志、廣瀬謙造、根東 覚(東大)、永井健治、金城正孝(北大)、木村宏(阪大)、加藤薫(産総研)、阿部勝行、上野牧男(オリンパス)、石館文善(カールツアイス)、池上 天(同仁化学)、松為久美子、利光邦夫(ニコン)、長谷川茂(ニコンインステック)、伊東克秀(浜松ホトニクス)、蛭川英男(横河電機) ほか数名

[参加費]
実習受講者:5万5千円(講義+実習+宿泊費(4泊)込,食費別)(宿泊は2-3名1部屋)
(宿泊を希望しない方、5万円)

講義の聴講のみ: 1万5千円

[申込方法] インターネットの下記サイトで参加登録して下さい
http://staff.aist.go.jp/k-katoh/livecell/livecell

[問合せ先] 
産業技術総合研究所・脳神経情報研究部門 加藤 薫
住所:  〒305-8568 つくば市梅園1-1-1 中央第2事業所
e-mail: livecell@m.aist.go.jp