第一回 バイオ特許セミナーが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


*************************


第一回 バイオ特許セミナー開催のお知らせ

関西広域バイオメディカルクラスターでは教育プログラムの一環として各種セミナーを開
催しております。毎回、大変好評をいただいております「バイオ特許セミナー」を本年度
は、ご要望の高い「特許戦略とライセンス」、「判例を通した条文解釈」などを盛り込ん
だ内容(中級レベル)で毎回完結型(第1回~3回)で開催致します。



日 時:2009年9月29日(水)PM14:00~17:00

場 所:千里ライフサイエンスセンタービル6階
    (603-604号室)  

参加費:無  料

定 員:40名(参加申込9月24日締切)

主 催:関西広域バイオメディカルクラスター
    ((財)千里ライフサイエンス振興財団内)
   
申込方法:件名を「第一回 特許セミナー」として、
     氏名、勤務先、所属、〒所在地、電話番号を
     明記の上、E-mailまたはFAXにて
     下記宛先までお申込み下さい。
    FAX:06-6873-2306
    E-Mail:cluster-11@senri-life.or.jp

ご不明な点がございましたら
TEL06-6873-2006までお問合わせ下さい。

******************************************************
〒560-0082 大阪府豊中市新千里東町1-4-2
      千里ライフサイエンスセンタービル20階
      関西広域バイオメディカルクラスター
     ((財)千里ライフサイエンス振興財団内)
        担当:柳、須賀
******************************************************





*************************


-新適塾-「未来創薬への誘い」 第7回
「インテリジェント核酸医薬へのチャレンジ」

日時:2009年7月15日(水)17:30~20:00

講師:佐々木 茂貴(九州大学大学院薬学研究院生物有機合成化学分野)

コーディネーター:中川晋作(大阪大学大学院薬学研究科)
         山元 弘(大阪大学大学院薬学研究科)

場所:千里ライフサイエンスセンタービル8階801-802号室(講演会17:30~
19:00)
  :千里ライフサイエンスセンタービル7階701号室(懇親会19:00~20:0
0)

参加費:講演会、懇親会とも無料

主催:(財)千里ライフサイエンス振興財団
申込先:氏名、勤務先、所属、〒所在地、電話番号を明記の上、E-mailで下記宛お申込み
下さい。
福原 法夫 (財)千里ライフサイエンス振興財団
〒560-0082 大阪府豊中市新千里東町1-4-2
千里ライフサイエンスセンタービル20階
Tel:06-6873-2001 Fax:06-6873-2002
E-mail:sng@senri-life.or.jp   


*************************


千里ライフサイエンスセミナー「臨床に繋がる癌幹細胞研究」

日時:平成21年8月25日(火)10:00~17:00

場所:千里ライフサイエンスセンタービル5階ライフホール

着眼点:癌幹細胞は、悪性腫瘍の発生、治療抵抗性、再発、転移等に重要な役割を果たす
。臨床応用に直結する可能性を秘めた癌幹細胞研究は造血器腫瘍が先行する形で進み、固
形腫瘍でも精力的に検証が進んでいるのが現状である。本セミナーでは、主に固形腫瘍の
癌幹細胞研究の動向をまとめ、近未来の臨床応用に繋がる内容として、特に若手研究者の
スキルアップを目指したい。

コーディネーター:大阪大学大学院医学系研究科 森正樹
東京医科歯科大学難治疾患研究所 田賀哲也

プログラム:
1.消化器癌における癌幹細胞
大阪大学大学院医学系研究科 石井秀始、森正樹
2.肝胆膵領域における癌幹細胞研究の動向
横浜市立大学大学院医学研究科 谷口英樹
3.グリオーマ幹細胞の性状解析
理化学研究所発生・再生科学総合研究センター 近藤亨
4.神経幹細胞の増殖能と多分化能の分子基盤から癌細胞制御を探る
  東京医科歯科大学難治疾患研究所 田賀哲也
5.癌幹細胞のエピジェネティクスとポリコーム遺伝子の機能
千葉大学大学院医学研究院 岩間厚志
6.幹細胞とがん幹細胞の異同
慶應義塾大学医学部 須田年生

定員:300名

参加費:無料

申し込み要領:
1)氏名、勤務先、〒所在地、所属、電話番号を明記の上、E-mailで下記宛お申し込み下
さい。
2)事務局より参加証を送付します。
3)参加証は、セミナー開催当日、受付で提示ください。

申込先:
(財)千里ライフサイエンス振興財団セミナーZ3事務局
〒560-0082
大阪府豊中市新千里東町1-4-2
千里ライフサイエンスセンタービル20階
TEL 06-6873-2001  FAX 06-6873-2002
E-mail tkd@senri-life.or.jp


*************************


-新適塾-第7回「脳と心の神秘に迫る」
「ATP受容体チャネルP2X2の機能に関するパラダイム転換」

日時:平成21年9月2日(水)17:30~20:00

場所:千里ライフサイエンスセンタービル 8階 801~802号室

コーディネーター 
大阪大学大学院生命機能研究科脳システム構築学研究室 村上富士夫
 大阪大学大学院生命機能研究科認知脳科学研究室 藤田一郎

1.講演(17:30~19:00)
自然科学研究機構生理学研究所神経機能素子研究部門   久保 義弘
2.懇親会(19:00~20:00、5階 PORT5)

参加費:無料

申込方法:氏名、勤務先、所属、〒所在地、電話番号を明記の上、E-mailで下記宛お申込
み下さい。

申込締切:平成21年8月26日(水)

申込先:(財)千里ライフサイエンス振興財団「脳と心の神秘に迫る」事務局
〒560-0082 大阪府豊中市新千里東町1-4-2
千里ライフサイエンスセンタービル20階
Tel:06-6873-2001 Fax:06-6873-2002
 E-mail:tkd@senri-life.or.jp


*************************


千里ライフサイエンスセミナー
「ユビキチン研究の新展開:病態生理学的観点から」

日時:平成21年9月7日(月)10:00~16:10
場所:千里ライフサイエンスセンタービル 5階ライフホール
   (地下鉄御堂筋線・北大阪急行線 千里中央駅下車)

着眼点:エネルギー依存性タンパク質分解系の一部として発見されたユビキチン系は、そ
の異常がガンや神経変性疾患などの原因になることや、ユビキチン化タンパク質を分解す
るプロテアソームの阻害剤が抗ガン剤として認可されているなど、関与しない生命現象が
存在しないと考えられるほどに私達の身体で重要な役割を演じています。しかも、ユビキ
チン系はタンパク質分解の枠組みを凌駕し、多彩な様式でタンパク質の機能制御を司って
いることも解ってきました。本セミナーでは、日本のユビキチン-プロテアソーム研究の
トップランナーにユビキチン研究の最前線を紹介していただきます。
コーディネータ:東京都臨床医学総合研究所 所長代行 田中 啓二
大阪大学大学院生命機能研究科 教授 岩井 一宏

プログラム:
1.はじめに  東京都臨床医学総合研究所 所長代行 田中 啓二
2.直鎖状ポリユビキチン化:NF-κB活性化に必須な新たなユビキチン修飾系
大阪大学大学院生命機能研究科 教授 岩井 一宏
3.脂溶性生理活性物質によるユビキチン化制御機構
東京大学分子細胞生物学研究所 教授 加藤 茂明
4.がんの進展とタンパク質分解
筑波大学大学院生命環境科学研究科 教授 柳澤 純
5.超分子複合体タンパク質分解酵素プロテアソームによる生体制御
東京大学大学院薬学系研究科 教授 村田 茂穂
6.プロテオミクスが拓くユビキチン研究の新地平:酵素-基質関係の網羅的解明に
むけて
九州大学生体防御医学研究所 教授 中山 敬一
7.おわりに  大阪大学大学院生命機能研究科 教授 岩井 一宏

定員:300名
参加費:無料
申込要領:氏名、勤務先、所属、〒所在地、電話番号を明記の上、Eメールで下記宛お申
し込み下さい。
申込先:(財)千里ライフサイエンス振興財団セミナーZ4係
〒560-0082 大阪府豊中市新千里東町1-4-2
千里ライフサイエンスセンタービル20階
E-mail:tnb@senri-life.or.jp  TEL:06-6873-2001
URL:http://www.senri-life.or.jp
主催:(財)千里ライフサイエンス振興財団

*************************
千里ライフサイエンス技術講習会 第51回
 「電気穿孔法による生体内遺伝子導入」

日 時:平成21年10月23日(金)10:00~17:00
場 所:千里ライフサイエンスセンタービル8階(801号・802号)
主 催:財団法人千里ライフサイエンス振興財団
ねらい:生体脳における分子の役割の解明は極めて重要な課題である。しかし、in vitro
の系を用いる研究に比べ、in vivo の系を用いる研究は手間、時間(コスト)がかかり、
困難さを伴う。近年広がりつつあるin utero での遺伝子導入法を用いれば、容易にin vivo
標本への遺伝子導入が可能であり、これをshRNA法などと組み合わせればloss of function
やgain of functionの実験を行うことも可能である。また、スライスへの遺伝子導入と組
み合わせればより精度の高い実験が可能となる。
 本講習会では個体やスライスへの遺伝子導入法を用いて研究を発展させたい研究者の役
に立つ情報を提供したい。
コーディネーター: 大阪大学大学院生命機能研究科         教授    村
上 富士夫 
―プログラム―
10~12時 <講演>場所:千里ライフサイエンスセンター8階(801号・802号)
1. in vivo電気穿孔法による遺伝子導入
  千葉大学大学院医学研究院   教授    斎藤 哲一郎
2. in utero electroporationによる脳の発生研究
  奈良先端科学技術大学院大学  講師    畠中 由美子
3. slice標本へのelectroporation
大阪大学大学院生命機能研究科   教授    山本 亘彦
12~13時<機器デモンストレーション>
 (株)ベックス CUY21EDIT CUY21Vivo-SQ CUY21Vitro-EX
ライカマイクロシステムズ(株)広視野タイルスキャン顕微鏡システム(予定)
14~17時<実習>場所:大阪大学大学院生命機能研究科 村上研究室、山本研究室
     14~15時 in utero electroporation
     15~16時 slice標本へのelectroporation
     16~17時 electroporationを行ったサンプル解析
参加資格:生物科学の研究者などで、脳の発生研究のテクニックに興味のある方
定  員:60名(但し、実習参加者は6名程度)
参 加 費:3,000円(但し、実習参加者は5,000円)
申込方法:下記を明記の上、FAXまたはE-mailでお申し込み下さい。
氏名、所属(大学又は勤務先)、役職名又は学年、〒所在地、電話、FAX番号
・申込締切後、係より受付の通知を返送いたします。そこに記載された振込口座に参加費
をお振り込みください。
・当方で入金を確認次第、領収書兼参加証をお届けいたします。
申込締切:平成21年9月25日(金)(財団必着)。但し、実習に参加できる人数は6
名程度であり参加者の調整をさせていただきます。
協  賛:(株)ベックス
     ライカマイクロシステムズ(株)
申込先:(財)千里ライフサイエンス振興財団セミナー(G51)事務局
〒560-0082 大阪府豊中市新千里東町1-4-2
千里ライフサイエンスセンタービル20F
TEL:06-6873-2001 FAX:06-6873-2002
E-mail:dsp@senri-life.or.jp  URL:http://www.senri-life.or.jp



*************************
千里ライフサイエンスセミナ-
 「次世代の脳研究」

日 時:平成21年11月6日(金)10:00~17:00(17:00~交流会)
場 所:千里ライフサイエンスセンタービル5階ライフホール
主 催:財団法人千里ライフサイエンス振興財団
着眼点:脳は人類最後のフロンティアとして、科学者だけでなく一般の人々にとっても大
いなる興味の対象である。現在、脳研究は生理学、解剖学、発生生物学、分子生物学、生
化学、計算論的科学、心理学など様々な分野からのアプローチがなされ、その価値観も多
岐に亙っている。しかし、脳の動きの謎を解き明かしたいとする点においては、問題意識
を共有している。
この素朴な興味こそが脳研究の面白さではないだろうか。一方、国内外で科学に対する社
会的な要請が増大し、その様相は脳研究においても例外ではない。
     本シンポジウムでは、我が国を代表する世界屈指の脳研究者が最新の研究成果
を発表すると共に、現状分析・議論を通じて、脳研究の発展、方向性を読む。

コーディネーター: 大阪大学大学院生命機能研究科        
研究科長   村上 富士夫 
          大阪大学大学院生命機能研究科         
教授    山本 亘彦
―プログラム―
はじめに :大阪大学大学院生命機能研究科             
教授    山本 亘彦
1.手綱核~行動と記憶のスイッチボードをもとめて~
理化学研究所脳科学総合研究センター        
副センター長  岡本 仁
2.ゆらぎと生命機能
   大阪大学大学院生命機能研究科 ナノ生体学講座     
教授    柳田 敏雄
3.内因性カンナビノイドによるシナプス伝達調節と脳機能
 東京大学大学院医学系研究科機能生物学専攻 神経生理学 
教授    狩野 方伸
4.ヒトの高次脳機能メカニズムに迫る道
   理化学研究所脳科学総合研究センター        
副センター長  田中 啓治
5.神経回路の情報制御機構
   大阪バイオサイエンス研究所              
所長    中西 重忠
6.パネルディスカッション
 岡本 仁、柳田 敏雄、狩野 方伸、田中 啓治、中西 重忠
             /司会 村上 富士夫、山本 亘彦
おわりに :大阪大学大学院生命機能研究科            
研究科長   村上 富士夫
7.交流会(講師の先生を囲んで)
/会費:2000円(学生1000円)


参加費(講演要旨集含む):無料(交流会:有料)
定員:300名
申込方法:氏名、勤務先、所属、電話およびFAX番号を明記の上、郵便、FAXまたは電子メ
ールで下記宛にお申込下さい。件名は「千里ライフサイエンスセミナー」として下さい。
尚、交流会参加予定の方は「交流会参加」と明記の上、同時にお申し込み下さい。
(会費は、当日受付にて徴収いたします)

事務局より「参加証」を送付いたします。
申込先:(財)千里ライフサイエンス振興財団セミナー(Z5)
事務局
〒560-0082 大阪府豊中市新千里東町1-4-2
千里ライフサイエンスセンタービル20F
TEL:06-6873-2001 FAX:06-6873-2002
E-mail:dsp@senri-life.or.jp