シンポジウム「「脳・身体・機械-新たな結びつき」が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


東北大学脳科学グローバルCOEは、2009年9月15日(火)に、シンポジウム「脳・身体・機械-新たな結びつき」名古屋国際会議場で行います。

今回は、川人光男先生(国際電気通信基礎技術研究所 脳情報研究所 所長)を基調講演者に迎え、拠点メンバーの5名の脳科学研究者の講演と共にお送りします。

イベント名:
「脳・身体・機械-新たな結びつき」
*第32回日本神経科学大会サテライトシンポジウム

■日時
2009年9月15日(火) 13:00-15:30

■会場
名古屋国際会議場
http://www.ncvb.or.jp/ncc/koutu/index.html

■基調講演
「ブレインマシンインタフェース:神経科学の新しい道具」
川人 光男(国際電気通信基礎技術研究所 脳情報研究所 所長)
■講演
飯島 敏夫(拠点サブリーダー、東北大学理事)
八尾  寛(生命科学研究科教授)
石黒 章夫(工学研究科教授)
筒井健一郎(生命科学研究科准教授)
虫明  元(医学系研究科教授)

■内容
ヒトが人間らしく生きるための根幹である「脳」の研究は、これまでの科学の枠組みを変える可能性も秘めたものであると共に、脳の発達障害・老化の制御、精神神経疾患の原因の解明や予防、そして治療方法の開発にもつながるものです。
ブレイン・マシン・インターフェース(BMI)は、脳の中の情報処理を解読して機械とつなぐことで身体機能の回復や補完を目指す新しい脳研究分野です。
このような脳神経科学の進歩が、どのように脳と身体、そして機械の結びつきを新しく変えるか考えるシンポジウムを開催します。

■お申し込み
どなたでも無料でご参加いただけます。
9月4日(金)までに、氏名・年齢・性別・ご住所・ご連絡先を、eメールまたはファックス
で、事務局までお送りください。
Fax: (022)717-7923 
nsgcoe-s@med.tohoku.ac.jp (@マークを半角にして下さい)

東北大学脳科学グローバルCOE
長神風二