新興・再興感染症研究拠点形成プログラム成果報告シンポジウムが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


■■新興・再興感染症研究拠点形成プログラム
成果報告シンポジウムのお知らせ■■


 ●「新興・再興感染症研究拠点形成プログラム」では、2005年の開始以来アジア・アフリカ8カ国に計12か所の研究拠点を設立、現地における感染症研究を推進して参りました。
  この度その活動について日本の皆様にご報告するシンポジウムを開催することとしましたので、お知らせいたします。
 現在ご登録を受け付けております。
 仔細につきまして、是非以下のサイトをご覧下さい。

 http://www.kansen-net.jp/index.html

 本シンポジウムは、来る平成21年10月9日(金)午後1時から東京駅前の丸ビルホールにて開催されます。
 第1部では、ラオスパスツール研究所からポール・ブレイ 所長を迎えて基調講演を行うほか、各国海外拠点の研究成果を報告します。

 また、第2部は「新型インフルエンザ第一波を総括」と題し、東京大学河岡義裕教授による講演に続き、今後の感染症研究のあり方を議論するパネル・ディスカッションを予定しています。

 定員300名に達した場合、早めに締め切らせていただく場合があります。
 是非お早めにお申し込み下さいますよう、お願い申し上げます。


新興・再興感染症研究拠点形成プログラムの成果報告シンポジウム
感染症に挑む知のネットワーク アジア・アフリカとともに
 ―改めて問う、感染症研究の必要性と社会的意義―


 ■日 時 :平成21年10月9日(金曜日)
 ■会 場 :丸ビルホール
       東京都千代田区丸の内2-4-1丸ビル7F

 ■開催時間:第1部 13:00 ~ 16:40
       第2部 17:00 ~ 19:00

 
 ■お申し込み :ウェブサイトから御願いします。
  http://www.kansen-net.jp/index.html