***** seminarMLから情報転載 *****


生命科学夏の学校は、
「全国各地の生命科学に携わる若手研究者が集まって、
研究交流を行うとともに、
各方面で活躍する研究者の講演を聞く合宿形式のイベント」です。

日時:2009年8月28日(金)~8月30日(日)
場所:神戸セミナーハウス

詳細や参加申込みは、こちら↓
http://www.seikawakate.org/content/view/136/223/

皆様のご参加をお待ちしております。

---
◇シンポジウム 科学を俯瞰してみよう!
●「科学の枠組みを決める人」「科学を伝える人」「科学を実践する人」
 -様々な立場から見た"生命科学の切り口"とは?
   ……文科省代表     塩満典子先生 (元科学技術庁所属 現在お茶の水大学教
授)
   ……ジャーナリスト代表 青野由利先生 (毎日新聞社科学ジャーナリスト)
   ……大学研究者代表   仲野徹先生 (大阪大学教授)
   ……企業代表      的場亮先生 (DNAチップ研究所 取締役)

◇ワークショップ
●再生医療本格化のための細胞シート工学:生命を創って理解する。分析的理解から統合
的理解へ
     ……大和雅之先生 (東京女子医科大学 先端生命医科学研究所)
●卵子に魅せられて -雌雄生殖細胞の根源的な差異とはなにか?-
     ……河野友宏先生 (東京農業大学 応用生物科学部)
●行動の性差を生み出す脳と遺伝子の機構
     ……山元大輔先生 (東北大学 生命科学研究科)
●糖鎖研究の新展開 ~遺伝子だけでは語れない生命の謎にせまる~
     ……西村紳一郎先生 (北海道大学 先端生命科学院)
●構造バイオインフォマティクス入門:何ができるか?どう使うのか?
     ……中村春木先生 (大阪大学 蛋白質研究所)
●天然変性タンパク質の構造と機能の最前線
     ……菅瀬謙治先生 ((財)サントリー生物有機科学研究所)
●生物学的時間のシステム生物学
     ……上田泰己先生 (理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター)
●生命現象を理解するのに数学は必要だろうか?
     ……近藤滋先生 (名古屋大学 理学研究科)
●宇宙環境を利用して生命のしくみを探る - 植物の抗重力反応
     ……保尊隆享先生 (大阪市立大学 理学研究科)
● 神経新生:なぜ? どのようにして?
  分かりやすいビジュアル・プレゼンテーションの極意
     ……大隅典子先生 (東北大学 医学系研究科)
●科学英語のコツ
     ……トム・ガリー先生 (東京大学 教養学部附属教養教育開発機構)
●理系のための人生設計ガイド ーお勉強から経済的独立までー
     ……坪田一男先生 (慶應義塾大学 医学部)
●科学を魅せる! 研究所広報の仕事
     ……南波直樹先生 (理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター)

◇若手ワークショップ
●イメージングによる細胞内ATPダイナミクスの計測
     ……今村博臣先生 (大阪大学 産業科学研究所)
●猫を怖がらないネズミが教える心のしくみ
     ……小早川高先生・小早川令子先生 (大阪バイオサイエンス研究所 神経機能
学部門)
●細胞と細胞外マトリクスとの力学的相互作用を測る~体の柔らかさの意味を考えてみる
     ……原田伊知郎先生 (東京工業大学 生命理工学研究科)



seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。