◆Gene Therapy Open Workshop - YOKOHAMA(2009.6.12)のご案内◆が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


◆『Gene Therapy Open Workshop - YOKOHAMA』のご案内◆

遺伝子治療の開発や規制にかかわる世界の専門家お招きして、オープンワークショップを開催致します。

日米欧の規制当局及び関連団体の専門家により、遺伝子治療に関連する規制について、近年、議論が続けられてきております。
この度、来日中の専門家の方(EMEA、PhRMA、EFTA、Health Canada)や日本の専門家をお招きして、作成中の見解案やガイドライン作成に関する最新の報告を伺うと共に、規制・開発状況を中心に活発な議論の場を設ける予定です。

多くの方のご参加をお待ち致しております。

*尚、当該ワークショップは、『平成21年度厚生労働科学研究費補助金 政策創薬総合研究事業 研究成果等普及啓発事業』により運営されます。

【日時】:平成21年6月12日(金)10:00~17:00(受付開始9:45)

【場所】:パシフィコ横浜 会議センター 3F-301・302
     横浜市西区みなとみらい1-1-1
     Tel:045-221-2161
     Fax:045-221-2136
     http://www.pacifico.co.jp/

【プログラム】:平成21年5月27日暫定版

10:00-10:15 Opening Remarks.

10:15-11:00 Overview of GTDG Activities in ICH and Current Topics on Gene Therapy
in EU.
Prof. Dr. Klaus Cichutek (PEI EMEA)

11:00-11:45 ICH Considerations on General Principles to Address the Risk of
Inadvertent Germline Integration of Gene Therapy Vectors and ?Current Topics on Gene
Therapy in USA.
  
Dr. Beth Hutchins (PhRMA)

13:30-14:00 Current Topics on Gene Therapy in Japan?
From JSGT (To be determined)

14:00-14:30  Summary of 3 Topics in Japanese; Oncolytic Viruses Germline
Integration and Viral/Vector Shedding?
From MHLW/PMDA (To be determined)

14:30-15:00 Recent activities of Japanese bioventures in the field of gene
therapy and ICH Considerations.
From JPMA (JPMA)

15:15-16:00 ICH Discussion on Adverse Events on Retroviral Gene Therapy and
Current Topics on Gene Therapy in EFTA.
Dr. Andreas Marti (Swiss Medic EFTA)

16:00-16:45 ICH Considerations on Viral/Vector Shedding and Current Topics on Gene
Therapy in Canada.
Dr. Anthony Ridgway (Health Canada)

16:45-17:00 Closing Remarks.
      

【参加費】:無料

【お問い合わせ先】:遺伝子治療公開ワークショップ事務局
          国立医薬品食品衛生研究所 生物薬品部内
          E-mail:muraoka@nihs.go.jp
          Fax: 03-3700-9347