遥か離れたスコットランドで故障を抱えながら奮闘している中村俊輔の努力も空しく、セルティックスが首位陥落です。今年のライバル、レンジャーズは強いので果たして、連続優勝が可能か、心配です。自分を追い込んで鍛える若者が少なくなった今、俊輔の奮闘は光を与えるものです。補正予算で2万人の研究者を海外に派遣するファンドが盛り込まれました。他流試合こそ、蒙を啓く近道です。このメールの読者も是非、手を挙げていただきたいと思います。
続きはここをクリック。(宮田満)