「機能性食品ゲノミクス」公開シンポジウム“食品の機能予測とニュートリゲノミクス”が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


シンポジウム・新刊書籍のお知らせ

 
 *シンポジウム開催
  東京大学ILSI Japan寄付講座 ― 入場無料 ― (new!)
「機能性食品ゲノミクス」公開シンポジウム
“食品の機能予測とニュートリゲノミクス”


 *新刊書籍
   国際会議講演録(CD-ROM) (new!)
    Proceedings of The 5th International Conference
    on Nutrition and Aging
   (第5回「栄養とエイジング」国際会議 講演録 英語版)
 
  「日本人の肥満とメタボリックシンドローム (new!)
      -栄養、運動、食行動、肥満生理研究-」



<シンポジウム開催のお知らせ>

◆東京大学ILSI Japan寄付講座
 「機能性食品ゲノミクス」公開シンポジウム
 “食品の機能予測とニュートリゲノミクス”
   ― 入場無料 ―
 日時:2009年5月13日(水)13:00~18:00
 場所:東京大学農学部構内 弥生講堂・一条ホール
 東京都文京区弥生1-1-1 東京大学農学部内
 会場地図:http://www.a.u-tokyo.ac.jp/yayoi/map.html

==========================================================

東京大学 ILSI Japan 寄付講座「機能性食品ゲノミクス」は、食品が生体に対して示す様
々な機能を遺伝子レベルで解析、評価しつつ栄養面、嗜好面、そして疾病の予防面に優れ
た、安全でおいしい食品の設計、開発の主要基盤を得ることを目的として、平成15(2003
)年に第I期が始まり大きな成果を挙げて平成20(2008)年に終了致しましたが、引き続き
第II期の5年間が平成20年12月よりスタートしました。第II期ではこれまでの成果の継続、
発展に加えて、「ヒト試験に向けた課題、即ち医学研究者との連携」、「安全性の研究」
等が期待されております。

この度、第I期の成果報告および第II期の展望を含めた公開シンポジウムを、添付の通り、
平成21年5月13日(水)13:00~18:00、東京大学農学部構内「弥生講堂一条ホール」にて
開催致します。またシンポジウム終了後18:30より、東京大学本郷キャンパス「山上会館
」にて懇親会を予定しております。何れも参加費は無料ですので、奮ってご参加頂けます
ようご案内致します。

なお受付、会場の都合上、お手数ですがシンポジウム、懇親会のご参加につきまして、下
記のILSI Japanホームページにある「お申込書」にご記入の上、ILSI Japan 宛てご連絡頂
ければ幸いです。

<プログラム>
13:00 座長:中井雄治(特任准教授)
挨拶 東京大学大学院農学生命科学研究科長 生源寺眞一
 はじめに ― 寄付講座第I期の成果と第II期の展望
     東京大学大学院農学生命科学研究科 教授 阿部啓子
報告 ― 食品の機能予測とニュートリゲノミクス
13:15 座長:佐藤隆一郎(教授)
 1. 生体の栄養状態のゲノミクスによる評価
     岡田晋治(東大) 沖浦智紀(日本ハム)
     加藤久典(東大) 門田幸二(東大)
     岸 幹也(ミツカン) 橘 伸彦(不二製油)
     中井雄治(東大)
14:15 座長:高橋直樹(教授)
 2. 栄養素の機能のニュートリゲノミクス解析
     石島智子(東大) 井圡良一(東洋食品)
     亀井飛鳥(神奈川科学技術アカデミー)
     新光一郎(森永乳業) 三坂 巧(東大)
     三鼓仁志(林原生物化学研究所)
― 休憩 ―
15:30 座長:清水謙多郎(教授)
 3. 感性科学とゲノミクス
     朝倉富子(東大) 應本 真(東大)
     下位香代子(静岡県立大) 藤原 聡(長谷川香料)
     渡辺寛人(明治大)
16:10 座長:清水 誠(教授)
 4. プレバイオティクス・プロバイオティクスの機能の
   ニュートリゲノミクス
     菊池洋介(日清製粉) 木本 裕(日食化工)
     福井雄一郎(カゴメ) 山本直之(カルピス)
     吉永恵子(理研ビタミン)
16:50 座長:阿部啓子(教授)
 5. ポリフェノールの機能のニュートリゲノミクス
     稲垣宏之(森永製菓) 太田象三(アピ)
     小池田聡(天野エンザイム) 近藤秀彦(花王)
     芹沢由里子(富士フイルム) 富永雄仁(カネカ)
     堀場太郎(キッコーマン) 深澤朝幸(明治製菓)
17:50 座長:中井雄治(特任准教授)
 おわりに      ILSI Japan理事長・東北大学名誉教授
                        木村修一
― 18時 終了 ―

※お申し込みは、下記ILSI Japanホームページからお願いします。
http://www.ilsijapan.org/ILSIJapan/LEC/FunctionalFood/FunctionalFood2009.html



◇国際会議講演録(CD-ROM)
Proceedings of The 5th International Conference on Nutrition and Aging
(第5回「栄養とエイジング」国際会議 講演録 英語版)

会員:2000円  非会員:3000円(各送料別)

下記よりILSI Japan事務局にご注文下さい。
http://www.ilsijapan.org/ILSIJapan/BOOK/books/N&A2009.html


※日本語版講演録はこちら

◇第5回「栄養とエイジング」国際会議講演録(日本語版)発刊

2007年10月31日・11月1日に開催した<第5回「栄養とエイジング」国際会議:ヘルシーエ
イジングを目指して~ライフステージ別栄養の諸問題>の日本語版講演録が発行となりま
した。

監修:木村修一、桑田有
発行:ILSI Japan
全115ペ-ジ
定価:1250円(ILSI Japan会員・一般共 送料込)

※お申し込みは、ILSI Japanホームページ (http://www.ilsijapan.org/page61.html)
からお願いします。



◇「日本人の肥満とメタボリックシンドローム
-栄養、運動、食行動、肥満生理研究-」
ILSI Japan Report Series

ILSI Japanは2007年2月14日に、第2回ILSI Japanライフサイエンスシンポジウム「肥満に
関する現状と科学」を開催し、栄養研究部会肥満タスクフォースのメンバーがとりまとめ
た内容を報告した。その内容をまとめたのが本書である。
日本人の肥満やメタボリックシンドロームを「栄養」「運動」、「食行動」の視点でまと
めたユニークな構成であり、内容もかなり盛りだくさんなものとなった。
栄養士、看護師、保健運動指導士、医師などの皆様が日頃の指導・研究に役立てて下さる
ことを期待する。また、日本人の肥満について研究をされている多くの研究者にもご一読
いただくことを希望している。

***

ILSI Japan Report Series
「日本人の肥満とメタボリックシンドローム―栄養、運動、食行動、肥満生理研究-」
監修:木村修一
  (昭和女子大学大学院特任教授、ILSI Japan理事長)
   小林修平
  (人間総合科学大学人間科学部教授、ILSI Japan副理事長)
   五十嵐脩
  (お茶の水女子大学名誉教授、社団法人栄養改善普及会会長)

【目次】
第1章 日本の肥満の状況
第2章 メタボリックシンドローム
第3章 食事・栄養と肥満
第4章 肥満と運動
第5章 肥満と食行動
第6章 肥満の生理
第7章 世界の肥満事情

なお、同時に英語版(CD-ROM)を作成して、日本語版の本書とセットで販売する予定。
会員:3000円  非会員:4000円(各送料別) ※どちらもセットでの値段です。
下記よりILSI Japan事務局にご注文下さい。
http://www.ilsijapan.org/ILSIJapan/BOOK/books/obesity2009.html