***** seminarMLから情報転載 *****


下記の要領で第138回東京脂質談話会を開催いたします。
事前参加などは不要でございますので、お気軽にご参加ください。


日時:
平成21年4月22日(水)18時~19時

会場:
東京大学医学部教育研究棟6階 細胞情報学教室セミナー室

演者:
群馬大学 生体調節研究所 シグナル伝達分野 
教授 岡島 史和 先生

演題:
炎症とリゾ脂質受容体

要旨:
リゾ脂質受容体はS1PやLPAをリガンドとするEdg受容体ファミリーとNon-Edg受容体ファ
ミリ-並びにSPCやLPCをリガンドとするOGR1受容体ファミリ-に分類される。最近の研
究では後者のOGR1ファミリ-は細胞外pH(プロトン)感知能も有していることが判ってき
た。これらの受容体は様々な生体機能に関わっているが、本講演では炎症応答に焦点
をあて、Edgファミリ-(S1P、LPA)(血管内皮細胞、滑膜細胞)とOGR1ファミリ-(骨構成
細胞、マクロファージ)の役割を考察してみたい。

世話人
清水 孝雄
新井 洋由
門脇 孝
○矢冨 裕

問い合わせ先
03-5802-2925(内線23448)原山 武士
共催:東京脂質談話会 / 第一三共株式会社




seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。