(4月3日)第295回CBI学会研究講演会「神経機能・病態における細胞シグナルとイオンチャネルの制御と役割」が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


第295回CBI学会研究講演会

「神経機能・病態における細胞シグナルとイオンチャネルの制御と役割」


日時:2009年4月3日(金)13:00-18:00
場所:日本化学会 化学会館7Fホール

世話人:森 泰生(京都大学)、澤田光平(エーザイ株式会社)

プログラム

1.13:00-14:00
“Non-selective cation channel cascades contribute to neuron loss following stroke”
John MacDonald( Robarts Research Institute University of Western Ontario )

2.14:00-14:45
「イオンチャネル型グルタミン酸受容体の新しい機能―孤児受容体δ2受容体から学ぶ」
柚崎 通介(慶應義塾大学医学部)

3.14:45-15:30
「グリア細胞に発現する内向き整流性K+チャネルKir4.1と薬物相互作用解析」
古谷 和春、倉智 嘉久 (大阪大学大学院医学系研究科)

休憩 15:30-15:45

4.15:45-16:30
「神経系イオンチャネルの生理と病態」
井本 敬二(自然科学研究機構 生理学研究所)

5.16:30-17:15
「チャネル病のモデル動物:電位依存性Na+チャネルNav1.1変異ラット」
真下知士、芹川忠夫(京都大学大学院医学研究科附属動物実験施設)

6.17:15-18:00
「シナプスカルシウム流入に応答する神経転写制御機構」
尾藤晴彦(東京大学大学院医学系研究科)


講演会参加費:
CBI学会法人賛助会員: 無料
CBI学会個人会員(非営利):無料
CBI学会個人会員(一般企業):\5000
ビジター(非営利):\1000
ビジター(一般企業):\10000

出席を希望される方は事前に必ず事務局セミナー受付seminar@cbi.or.jp に連絡してください。

連絡先:CBI学会事務局 セミナー受付 
E-mail:seminar@cbi.or.jp
〒158-0097東京都世田谷区用賀4-3-16イイダビル301
TEL:03-5491-5423  FAX:03-5491-5462  http://www.cbi.or.jp/