平成21年度公開シンポジウム「食品に関わる化学物質の安全性とは? -消費者と研究者の接点を求めて-」が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


食の安全に関する消費者の最近の意識は、過去に例をみないほど高いものと
なっています。残留農薬、食品添加物、食品汚染物質など食品関連化学物質については、
継続的に安全性評価がなされていますが、メタミドホスやメラミンの事例に代表されるよ
うに、意図的混入物質についてもその評価が必要となってきました。消費者は、その意識
の高まりの一方で、ある事柄に過剰に反応している場合もあるようです。研究者は「安全
性には問題ない」と考えても、消費者は「安心できない」と考えるわけです。そこで、本
シンポジウムにおいては、研究者と消費者の接点を探ります。どのように濃度測定や安全
性評価が行われ、それが消費者にどのように伝えられているか、また消費者はそれをどの
ように受け止めているかなどについて、食品安全委員会の長尾拓先生をはじめ、計6名のシ
ンポジストに講演をお願いいたしました。なぜ、両者の認識に違いが生まれるのか(原因
)、そのギャップを埋めるにはどうすればよいか(対策)を考える契機となればと思って
います。
世話人: 森田 健(国立医薬品食品衛生研究所・安全情報部)
石川さと子(慶應義塾大学・薬学部)
日 時:2009年5月30日(土)10:00~17:15
場 所:慶應義塾大学 芝共立キャンパス
東京都港区芝公園1-5-30
参加費:無料
協 賛:慶應義塾大学薬学部、日本薬学会、日本トキシコロジー学会、日本食品衛生学会
※薬剤師で希望する方には慶應義塾大学薬学部 認定薬剤師研修制度による生涯研修認定単
位(3単位)を付与します。
連絡先: jems_symp2009@pha.keio.ac.jp
プログラム:
10:00~10:05 :開会の辞 八木孝司(日本環境変異原学会会長)
10:05~10:15 :はじめに 世話人 石川さと子
10:15~11:15 :基調講演:食品の安全性評価-今の答えは!
長尾 拓(内閣府食品安全委員会)
11:15~12:00 :食品中の化学物質をはかる
石川さと子(慶應大・薬)
13:20~14:05 :食品中化学物質による事件・事故とそのリスク
畝山智香子(国立衛研・安全情報)
14:05~14:50 :食品中残留農薬の規制と実態
永山敏廣(都健康安全研究セ・残留物質)
15:10~15:55 :食の安全問題におけるメディア・バイアスとリテラシーの重要性
松永和紀(サイエンスライター)
15:55~16:40 :食品の安全性と食への安心
中谷内一也(帝塚山大・心理福祉)
16:40~17:10 :総合討論
17:10~17:15 :おわりに 世話人 森田 健