PNA(Peptide Nucleic Acid:ペプチド核酸)は、DNAやRNAと同様の遺伝情報格納機能とともにタンパク質と同様のペプチド結合による化学的な安定な骨格を有します。
PNAは、RNAだけでなく、二重鎖DNAとも結合するため、下記のように、特定遺伝子がコードするタンパク質の生産の調節にも関与しています。

◆PNAが転写されるべき遺伝子の一部に結合すると、RNAポリメラーゼによるmRNAの合成が阻害されます。
◆PNAとDNAの侵入三重鎖が形成され、適切なDNA単鎖部位が「Pループ」上に露出され場合、転写が促進されることがあります。
◆PNAがmRNAと結合した場合、mRNAとリボソームとの結合が妨害され、タンパク質合成(翻訳)の過程が妨害されます。
◆PNAオリゴマーは、生体内のヌクレアーゼやプロテアーゼなどにより認識されないので、生体内で通常行われているRNA関与の重要なプロセスを物理的に妨害する機会を向上させています。
◆一方、2007年、Wood&s_comma; M.(Oxford Univ UK )らは、筋ジストロフィーを発症させたマウス筋肉にPNAを注射した結果、筋肉内のジストロフィンが増えたことを明らかし、PNAがジストロフィン遺伝子領域など有害な遺伝変異を封じ込め、通常の生理機能が果たすことのできる治療薬としても有用であることも報告されています。
http://www.nikkei-science.com/page/magazine/0903/200903_036.html

韓国Panagene社は、PNAやPNAオリゴマーの製造・販売に関する世界的独占ライセンス有しており、独自開発のBts法による合成品は、純度が極めて高く、治療や治療分野での開発も進んでいます。
・お客様のご要望に応じたPNAオリゴマーのデザインと提供が可能です。
・カスタムPNAのご注文はラベル標識ありのもので25nmol、ないもので50nmolから承ります。
・配列や修飾基など、さまざまなバリエーションに応じることができます。
・お見積もりは2~3日、また注文をお受けしてから出荷まで通常約3週間頂戴いたします。
・PNA(Fmoc)モノマーや使用頻度の高いPNAオリゴマーは、すぐにお届けできます。
PNAに関して、ご興味やご質問のある方は下記までお尋ね下さい。また、お見積りもお気軽にどうぞ。


【お問合せ先】
CBC株式会社
FM Div.(ファイン マテリアルズ デビジョン)
担当:榎根本 (E.mail : enemoto@cbc.co.jp)
Tel:03-3536-4645  Fax:03-3536-4743
URL: http://www.cbc.co.jp/index_n.html