PNA(Peptide Nucleic Acid:ペプチド核酸)は、DNAやRNAと同様の遺伝情報格納機能とともにタンパク質と同様のペプチド結合による化学的な安定な骨格を持っています。
PNAオリゴマーは、生物学的プロセスに影響を及ぼし、疾病の治療効果を向上させる可能性に関する多くの研究が報告され、応用開発が世界各国で進んでいます。

◆Glazer&s_comma; P.M. (Yale Univ.)らは、PNAがDNAと結合して侵入三重鎖を形成することで、サラセミア(Thalassemia:地中海貧血症)の原因となる遺伝子変異の修復を促進することを動物細胞実験で示し、単一塩基変異や遺伝子の一部欠損により生じる疾患の治療への利用が期待されています。
◆Corey&s_comma; D.R.(Univ.of Texas Southwestern Medical School at Dallas)らは、ヒト乳癌細胞でPNAがRNAポリメラーゼより先に転写部位に結合して遺伝子の転写を妨害できることを示し、PNAが細胞の癌化関連遺伝子の役割の解明の糸口となると期待されています。
◆細菌の重要な遺伝子の発現を妨害することで細菌の成長を阻害するPNAもいくつか作成されています。その中には細菌を殺傷するものもあり、薬剤耐性を獲得した病原菌に対する新規の抗生物質など新規薬剤の応用開発が期待されています。
http://www.nikkei-science.com/page/magazine/0903/200903_036.html

韓国Panagene社は、PNAやPNAオリゴマーの製造・販売に関する世界的独占ライセンス有しており、独自開発のBts法による合成品は、純度が極めて高く、治療や治療分野での開発も進んでいます。
・お客様のご要望に応じたPNAオリゴマーのデザインと提供が可能です。
・カスタムPNAのご注文はラベル標識ありのもので25nmol、ないもので50nmolから承ります。
・配列や修飾基など、さまざまなバリエーションに応じることができます。
・お見積もりは2~3日、また注文をお受けしてから出荷まで通常約3週間頂戴いたします。
・PNA(Fmoc)モノマーや使用頻度の高いPNAオリゴマーは、すぐにお届けできます。
PNAに関して、ご興味やご質問のある方は下記までお尋ね下さい。また、お見積りもお気軽にどうぞ。


【お問合せ先】
CBC株式会社
FM Div.(ファイン マテリアルズ デビジョン)
担当:榎根本 (E.mail : enemoto@cbc.co.jp)
Tel:03-3536-4645  Fax:03-3536-4743
URL: http://www.cbc.co.jp/index_n.html