第294回CBI学会研究講演会「生物医学と創薬を変えるIT」が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


第294回CBI学会研究講演会

「生物医学と創薬を変えるIT」


日時:2009年3月12日(木)13:15-17:50
場所:東京大学山上会館大会議室

世話人:河合隆利(エーザイ)、神沼二眞(CBI学会事務局担当理事)

議題

13:15-14:45

1.大学や独法研究機関における計算創薬(SBDD)環境の構築

(1) フラグメント分子軌道法プログラムABINIT-MPの創薬への応用、
中野達也(国立衛研)

(2) 大学におけるCADD講習会の試みと今後への期待、
日向寺(合田)祥子(東海大)

(3) 創薬インフォマティクス講座を開催している経験から、
広川貴次(産総研)

(4) Protein Data Bank に蓄積された構造情報の自動分類・及び利用ツールの開発、
齊藤美保子(長浜バイオ大)

(5) 異分野融合研究に向けて:クリニカルゲノムインフォマティクス人材養成とナノバイ
オ若手の会に取り組んだ経験から、
高岡裕(神戸大)

14:45-15:15

2.製薬企業のIT環境

(1) 探索研究における情報共有ニーズ、
河合隆利(エーザイ)

(2)IT創薬を意識した研究環境、
松末朋和(持田製薬)

15:15-15:30(休憩)

15:30-17:40

3.学会間の連係の可能性、共同研究環境、研究者コミュニティの形成

(1)研究者コミュニティの形成や共同研究課題形成グループの立ち上げなどについて、
船津公人(東大)

(2) バイオインフォマティクスにおける連係の可能性、
有田正規(東大)

(3) GRIDを用いた生命医学知識共有の動向-知識創造の場としてのGRID -
小長谷明彦(東工大)

(4) 共同研究環境・研究ネットワーク形成-欧米の事例 、
八尾 徹(理研)

(5) 若手Clinical Bio IT 人材育成について、
田中 博(東京医科歯科大)

(6) 日韓中の計算創薬ネットワーク(AHeDD)の構築、
秋山 泰(東工大)

17:40-17:50

4.まとめと提言(CBI Grand Challengeへの取り組み)


講演会参加費:
CBI学会法人賛助会員: 無料
CBI学会個人会員(非営利):無料
CBI学会個人会員(一般企業):\5000
ビジター(非営利):\1000
ビジター(一般企業):\10000

出席を希望される方は事前に必ず事務局セミナー受付seminar@cbi.or.jp に連絡してくだ
さい。

連絡先:CBI学会事務局 セミナー受付 
E-mail:seminar@cbi.or.jp
〒158-0097東京都世田谷区用賀4-3-16イイダビル301
TEL:03-5491-5423  FAX:03-5491-5462  http://www.cbi.or.jp/