医学研究科クリニカルバイオメディカル情報科学マスターコースが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


──────────────────────────
 オランダの疫学者KarelMoons教授来日!
 Clinical Epidemiology (臨床疫学)聴講生募集
──────────────────────────

東海大学大学院医学研究科クリニカルバイオメディカル情報科学マスターコースは、臨床
研究を統括的に指揮できる人材を養成するプログラムです。

集中講義の聴講生と、春季入学生(平成21年度)を募集します。

当プログラムは国からの助成を平成21年度まで受けることが予定されています。参加可能
な期間が限られておりますので、このチャンスをお見逃しなく、みなさん、奮ってご応募
ください。


■東海大学大学院医学研究科マスターコース春季入学生募集
 出願期間: 2009年2月23日(月)-3月19日(木)
 募集案内: こちらをクリック

■「Data Design & Data Management」
 (臨床研究におけるデータ管理)
 2009年3月2日(月)-13日(金)(土・日曜は除く) 9:00-17:00
 講義案内: こちらをクリック 

■「Clinical Epidemiology
 -Introduction to Quantitative Methods in Clinical Research-」
 2009年4月3日(金)-6日(月)(土日も開催) 9:00-17:30
 講義案内: こちらをクリック 

■「ゲノム遺伝医学の基礎」
 2009年4月7日(火)-5月29日(金)(全11回) 17:00-19:00
 講義案内: こちらをクリック 


──────────────────────────
◆お申込方法

氏名と所属、ご希望の講義名、もしくは受験希望をご明記の上、MCBS事務局までメールを
お送り下さい。メール受信後、追ってご連絡いたします。

Mail: genome@m.med.u-tokai.ac.jp
──────────────────────────


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東海大学大学院医学研究科マスターコース春季入学生募集
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
いよいよ本プログラムが国費助成では最終年度(平成21年度)を迎えるため、正規生の募集
が最後になります。このチャンスをお見逃しなく、ご応募ください。

◇出願期間
 2009年2月23日(月)-3月19日(木)

◇試験日
 2009年3月27日(金)

◇試験科目
 英語、面接

◇入学定員
 12名

◇募集要項
 こちらをクリック

◇入試情報
 こちらをクリック

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Data Design & Data Management (臨床研究におけるデータ管理)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇日時
 2009年3月2日(月)-13日(金)※土・日曜は除く〔10日間〕
 9:00-17:00

◇会場
 東海大学伊勢原キャンパス1号館5階 MCBS講義室(5D01)
 アクセスURL: こちらをクリック

◇講師
 Paul A. Harris 准教授 (Vanderbilt大学・アメリカ)
 米国Vanderbilt大学総合臨床研究センターのInformatics部門ディレクタを務める。同セ
ンターにおける臨床研究のデータベースデザインやデータ管理を精力的に支援している。

この講義では、臨床研究を実際に企画、運営、管理していくにあたり、必要な知識と行動
計画について講義する。さらに、統計的手法による品質管理法・品質保証法やQOL評価手法
を中心に「医療の質」向上に貢献できるスキルを習得する。

◇使用言語
 英語

◇参加費
 無料 (事前申込み・先着順) 定員:20名

◇応募締切日
 2月20日(金)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Clinical Epidemiology (臨床疫学)
  -Introduction to Quantitative Methods in Clinical Research-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇日時
 2009年4月3日(金)-6日(月) (全4回)
 9:00-17:30(4月3日は14:00-18:30)

◇会場
 東海大学伊勢原キャンパス1号館5階 MCBS講義室(5D01)の予定
 アクセスURL: こちらをクリック

◇講師
 Karel G.M. Moons教授 (UMC Utrecht 大学・オランダ)

このコースでは、臨床研究のデザインと分析(diagnostic 診断、prognostic
予後、therapeutic
治療、etiologic 病因[副作用]研究)と治療のメタ分析を紹介する。

◇プログラム(予定)
 4月3日
  Study Questions in Clinical Research Diagnostic Research
 4月4日
  Prognostic Research
 4月5日
  Therapeutic Research Side Effects Studies
 4月6日
  Introduction to Systematic Reviews & Meta-analysis
                    Practical with Computer

◇使用言語
 英語

◇参加費
 無料 (事前申込み・先着順)

◇定員
 40名 ※定員になり次第締め切らせていただきます。

◇応募締切日
 3月19日(木)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ゲノム遺伝医学の基礎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇日時
 2009年4月7日(火)-5月29日(金) (全11回)
 17:00-19:00

◇会場
 東海大学伊勢原キャンパス1号館5階 MCBS講義室(5D01)
 アクセスURL: こちらをクリック

◇講師
 小見山智義
   東海大学医学部 准教授
 安田徳一
    独立行政法人 放射線医学総合研究所 客員研究員
 間野修平
   名古屋市立大学大学院 システム自然科学研究科 准教授
 舘野義男
   国立遺伝学研究所 生命情報・DDBJ研究センター 教授
 井ノ上逸朗
   東海大学医学部 教授

ゲノム情報の基礎研究成果を診断や治療に役立てるには、適切な遺伝学の知識を理解する
ことが基本となる。
そこで、本講座では臨床、生物統計学、遺伝学のそれぞれの観点からその方法論を理解し
、臨床における深い洞察力を踏まえたゲノム遺伝学の見識を有する人材の育成を目指す。

◇使用言語
 日本語

◇参加費
 無料 (事前申込み・先着順) 定員: 20名

◇応募締切日
 3月27日(金)

──────────────────────────
◆問い合わせ

東海大学大学院医学研究科(臨床薬理学)
クリニカルバイオメディカル情報科学マスターコース事務局

MCBSホームページURL: こちらをクリック


Mail: genome@m.med.u-tokai.ac.jp
Tel: 0463-93-1121 Ext 2560
Fax: 0463-93-2896
担当: 森島、飯島、米澤、高木