東京大学大学院総合文化研究科 広域科学専攻 生命環境科学系 渡辺雄一郎 研究室のホームページが下記内容へ更新、もしくは開設された。最新情報は 
「バイオ関係者、皆のホームページ」
の分野毎の掲載欄(ホームページの内容により異なります)にてアクセスできる。分からない時には、皆のホームページの下にある検索サイトをご利用願います。



●大学や公的研究機関に所属する研究者個人による人材募集・セミナー告知、研究室や個人のホームページ等の
情報発信は無料、企業及び大学・公的研究機関による人材・セミナー告知等の掲載は有料です。
 詳細はmiyata@nikkeibp.co.jp 
までメールください。


植物体内でのRNAを介した情報制御に関する解析
ウイルスの感染に伴って小分子RNA (siRNAやmiRNA)の動態が植物体内で変化する。植物は
こうしたRNA分子をもちいて、存在をおびやかす侵略者に対して攻撃したり、あるいは自ら
の遺伝子発現の制御をする。短いRNAに注目した解析を試み、生物が環境応答をする個体維
持機構としてのRNA分子の動的な役割を解析している。
植物はgerm lineの細胞系列が隔離されていないが、次世代につたえる遺伝情報を守る姿が
、小分子RNAを介してみえてきている。RNAサイレンシング、RNAの品質管理現象など、動物
での研究者と議論、交流をしながら解析している。

ウイルスの複製過程で見られる複合体と植物細胞内小器官との相互作用
ウイルスは植物に感染すると種々の産物を合成し、病原性を発揮する。植物ウイルスはま
ず、複製を始める。その複製機構に関して分子レベルでの解析をすすめている。子孫ウイ
ルスは原形質連絡を通じて周囲の細胞へと移行し、植物体全体に広がっていく。複製・移
行を通した構造VRCや細胞内膜系のダイナミクスの解析を行っている。

http://bio.c.u-tokyo.ac.jp/labs/watanabe/index.htm