全豪オープンテニスは若手の台頭で、女子はランキング1位のヤンケビッチが敗退、ビーナスやイバノビッチも敗退、星雲状態となっています。男子もマレーの躍進で、フェデラー、ナダルを脅かすと噂されています。混戦です。

 iPS細胞も実は混戦時代に入ってまいりました。続きはここをクリック。(宮田満)