テニスの全豪選手権の本選に伊達選手が予選を完璧に勝ち抜き出場、記者会見では歳の話ばかりとぼやきながらも、今朝の10時から世界ランキング28位のエストニアの選手と対戦しています。失礼ですが、年齢差15歳。第一セットは残念ながら3回のダブルフォールト(伊達もあがるのですな)で1ゲームを自滅し、落としました。続きはここをクリック。(宮田満)