昨日の全国高校サッカー選手権の決勝(広島皆実vs鹿児島城西)は近来希に見る好勝負となりました。

 10ゴール目をねじ込み、大会新記録を樹立した超高校球フォワードの大迫勇也がチームを牽引する城西に皆実がチームプレーで挑みました。結果は皆実が3:2で勝利、堅守を攻撃に素早く結びつけて競りがちました。下手なJ1の試合よりも手に汗を握りました。一人飛び抜けた才能がチームを機能させなくなる場合もあるのです。続きはここをクリック。(宮田満)