あけましておめでとうございます。今年平成21年の干支は、己丑(つちのとうし、こちゅう)であり、捻れた、絡まった糸を伸ばす、真っ直ぐにする、乱れを治めるという意味があり、まさに昨年の捻れた現象を是正する、筋道を明確にすることを示唆しています。国を挙げて課題をはっきりさせて物事を解決していく、そういう年であると干支は予見しています。総選挙とともに国会の正常化に向けて捻れた政治の筋道を正す年になることが期待されます。

 さて、バイオテック業界は、金融破綻をきっかけとする世界同時不況のなかでさらに厳しい経営を強いられていますが、もう一度我々の業界の存在意義について考える絶好の機会です。我々は、病気に苦しむ患者様救済のために志をひとつにしてこの業界に参入し、そしてバイオテックの起業を試みてきました。その精神は広く世界中の志を同じくする多くの同士と明らかに共有できるものです。

 なぜこの業界が大切かは言うまでもありませんが、患者様救済のためにあらゆるアイデアや技術を集結させて今までに無い新しいお薬を実現させる使命を背負っているからです。伝統ある製薬企業は長い歴史のなかで多くのお薬を世の中に出して貢献してきましたが、さらにリスクの高い新しいお薬の開発に身を投じるのは我々の使命です。この業界が発展してこそ未来を担う子供たちに多くの夢を受け継ぐことができるはずです。この志をもう一度強固にしていきたい年です。

 当社は、今年12月に創業10年、9月に上場7年を迎えます。「コラテジェン」は昨年春に承認申請をして一日でも早い承認取得に向けて最善の努力をしてまいります。昨年春に希少疾患ムコ多糖症VI型治療薬「ナグラザイム」の上市を果たし当社では初めての製品を世の中に送り出すことができました。患者様の回復を見るにつけ感無量の思いです。これこそが我々の至福の時と体感し感激を体に刻み付けています。

 お薬の開発は多大な時間を要しますが、我々を支えてくれている多くの株主やステークホルダーの方々に十分な説明を繰り返し納得頂くことを改めて心がける年にします。我々の夢はあらゆる障害を乗り越えていけるそれだけのポテンシャルをもったものであることを一つ一つ明らかにしていきます。干支に予見されるように、課題をはっきりさせて物事を解決し前進していく年にしたいと肝に銘じています。