東京大学大学院新領域創成科学研究科が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


******************************************************
文部科学省大学院教育改革支援プログラム
「メディカルゲノムサイエンス・プログラム(MGSP)」
シンポジウム『トランスレーショナル研究の最前線と教育』
******************************************************

ゲノム科学の進展は、生命と人間を理解するための新たな基盤を提供し、医学・医療の領域にも大きな変革が期待されています。東京大学大学院新領域創成科学研究科メディカルゲノム専攻は、2004年に、この変革を担う研究者・技術者の養成を使命として発足しました。さらに、本プログラム「MGSP」では、専攻のこの方向性をさらに強化し、単に基礎科学の分野にとどまらず、トランスレーショナル(TR)研究や医療と工学・情報学の融合研究の担い手を育成することが期待されています。本シンポジウム開催が、生命科学の知をもとに医療の幅広い分野に関心を抱く方々に、最先端のTR研究の一端に触れ、「これから」の展開を予感し予想し考えていただく場を提供することとなれば幸いと考えております。

◇シンポジウム名称:MGSPシンポジウム「トランスレーショナル研究の最前線と教育」
◇日時:2009年1月13日(火) 13:00-17:00 (開場12:30)
◇場所:東京大学白金台キャンパス 医科学研究所1号館講堂(港区白金台4-6-1)
・http://www.k.u-tokyo.ac.jp/mgs/MGSP/symposium_access.html
◇主催:東京大学大学院新領域創成科学研究科メディカルゲノム専攻「メディカルゲノムサイエンス・プログラム(MGSP)」 (文部科学省大学院教育改革支援プログラムからご支援をいただいています。)
◇参加費:無料
◇申込方法:受付専用メールアドレス(mgsp_symp_adm@mgs.k.u-tokyo.ac.jp)へ
    ・参加希望者の「芳名(よみがな)」、「ご所属」、「ご身分(学年)」を送信下さい。
    ・複数名まとめての申し込みも可能です。
    ・「メールタイトル」を『MGSPシンポジウム申し込み』として下さい。
・受領メールをお送り致します。

◇ホームページ:http://www.k.u-tokyo.ac.jp/mgs/MGSP/symposium.html
◇MGSPホームページ:http://www.k.u-tokyo.ac.jp/mgs/MGSP/

◇当日プログラム
12:30~ 開場

13:00~ 挨拶に代えて
「メディカルゲノムサイエンス・プログラムの目指すもの」
渡邉 俊樹 (東京大学大学院新領域創成科学研究科)

13:20~ 講演
「名古屋大学におけるトランスレーショナル研究」
濱口 道成 (名古屋大学大学院医学系研究科)

14:00~ 講演
「ヒト個体システムの科学に向けて」
桜田 一洋 (ソニーコンピュータサイエンス研究所)

14:40~ 特別講演
「自然からの贈り物―新薬スタチンの誕生」
遠藤 章 (東京農工大学特別栄誉教授)

15:40~ 休憩(20分)

16:00~ パネルディスカッション-「トランスレーショナル研究の最前線と教育」
遠藤 章
桜田 一洋
濱口 道成
森本 幾夫(東京大学医科学研究所教授)
渡邉 俊樹
司会:菅野 純夫(東京大学大学院新領域創成科学研究科)

17:00 閉会挨拶
菅野 純夫

       (敬称略)

◇お問合せ先:メディカルゲノムサイエンス・プログラム(MGSP)事務局
    e-mail:mgspadmp@mgs.k.u-tokyo.ac.jp
    東京都港区白金台4-6-1 〒108-8639
    東京大学大学院新領域創成科学研究科
    メディカルゲノム専攻 病態医療科学分野
MGSP事務局