慶應義塾シンポジウム【iPS細胞が切り拓く今後の医学研究】が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


慶應義塾シンポジウム【iPS細胞が切り拓く今後の医学研究】の開催                                                         
慶應義塾の総合的・戦略的研究の企画・推進や産官学連携研究の企画・推進を行っている研究推進センターは、慶應義塾iPS細胞研究拠点とともに公開シンポジウムを開催します。シンポジウムでは、グローバルに最前線の研究をリードされている方々に、さまざまな医学・医療の分野における最先端の研究成果、国としての取り組み方針、企業における研究状況、知財戦略などについてご紹介いただくとともに、せきずい受傷者の団体からは医療応用への期待についてご講演いただき、今後のiPS細胞研究の方向性を展望します。広く関心のある方の参加をお待ちします。
【日時】 2009年2月4日(水)10:00~17:45
【会場】 慶應義塾大学三田キャンパス 西校舎ホール
【主催】 慶應義塾大学研究推進センター、慶應義塾iPS細胞研究拠点
【後援】 慶應義塾グローバルCOEプログラム      
【参加費】無料(事前登録/受付順)
【詳細(申込み)】 http://event.crp.keio.ac.jp
【プログラム】
【挨拶】 10:00  挨拶 慶應義塾長 安西祐一郎                  
【講演】 10:10  挨拶・講演「文部科学省におけるiPS細胞研究への取組み」
   菱山 豊(文部科学省研究振興局ライフサイエンス課 課長)
10:30  特別講演「iPS細胞の可能性と課題」
        山中 伸弥(京都大学再生医科学研究所 教授)
11:30   講演「iPS細胞を用いた角膜、涙腺の再生プロジェクト」
坪田 一男(慶應義塾大学医学部 教授)
13:00  招待講演「iPS細胞からの血液系細胞の誘導」
中内 啓光(東京大学医科学研究所 教授)
13:40   招待講演「網膜変性疾患とiPS細胞」
高橋 政代(理化学研究所 網膜再生医療研究チームリーダー)
14:30   講演「iPS細胞がもたらす循環器疾患診療へのインパクト」
福田 恵一(慶應義塾大学医学部 教授)
15:00   講演「高純度体性幹細胞を用いたiPS細胞誘導の高効率化と高品質化」
松崎 有未(慶應義塾大学医学部 特別研究准教授)
15:30  基調講演「iPS細胞を用いた神経再生戦略」
  岡野 栄之(慶應義塾大学医学部 教授)
16:20   講演「先端医療分野の知財戦略
羽鳥 賢一(慶應義塾大学知的資産センター 所長)
16:40  招待講演「iPS細胞と次世代創薬」
中西 淳(武田薬品工業株式会社開拓研究所 主席研究員)
17:10  招待講演「患者の望むiPS細胞治療:その道筋」
大濱 眞(NPO法人日本せきずい基金 理事長)
【司会】青野 由利(毎日新聞論説室 科学ジャーナリスト)     (終演予定17:45)
【問合せ先】慶應義塾大学研究推進センター シンポジウム係
e-mail:ips-symposium@adst.keio.ac.jp、電話:03-5427-1776